icon
icon
screenshot

addLib
icon
』は、写真を使っておしゃれなグラフィックアートを作り出すアプリです。

無限のデザインバリエーションを作り出すことができ、どんなアート作品に仕上がるか待つ楽しみもあります。

(この記事はゲストライターのTom氏が執筆しました)

addLib
icon
』を起動したら、左下のカメラのアイコンをタップして、内蔵カメラで新規に撮影するか、写真アルバムから写真を読み込みます。 

ここでは、サンプルで2枚目の写真を使用しています。

app_ent_addlib_1.jpg app_ent_addlib_2.jpg

自動的に3枚のグラフィックアートが作成され、スワイプで左右の作品に切り替えられます。

ツールバー右側のアイコンをタップすると、カメラロールに保存、Twitpic経由でTwitterにポスト、メール送信が可能です。

気に入った作品がなければ、中央のアイコンをタップすると、新しいグラフィックアートを作成します。

app_ent_addlib_3.jpg app_ent_addlib_4.jpg app_ent_addlib_5.jpg app_ent_addlib_6.jpg

作品をタップすると小さく並べて表示し、いちばん左までスワイプすると、Twitterのアカウント設定画面が現れます。

app_ent_addlib_7.jpg app_ent_addlib_8.jpg

また、「Customize」ボタンがタップすると、写真の中央を好きな位置に指定できます。
Text Mode」を「User」に切り替えると、設定したテキストでグラフィックアートを作成できます。 

変更内容は次に作成するグラフィックアートから適用されます。

app_ent_addlib_9.jpg app_ent_addlib_10.jpg

一見ランダムにレイアウトされているように見えますが、開発元によると、グリッドシステム、フラクタル理論、黄金比、顔認識など、さまざまな理論を組み合わせて、グラフィックデザインを作り出すように設計されているそうです。

 作品の解像度が320*427ピクセルとやや小さいのが難点ですが、どれも素敵な作品に仕上がります。 

デザインバリエーションは無限ですので、同じ写真から色々なアート作品を作るのも楽しいと思います。

タイトル
addLib
icon
カテゴリ App Store > エンターテイメント
開発 WOW.inc
対応機種 iPhone・iPod touch (iPad 互換)
価格 350 円