icon
icon
screenshot

入門トイカメラ SuperPopCam
icon
』は、トイカメラ風の写真を撮影できるカメラアプリです。

リアルタイムにエフェクトを確認しながら、おしゃれな写真を撮ることができます。

iPhone 3GSとiPhone 4用のアプリです。

画面をタップしてフォーカスを設定することができます。

スワイプするとエフェクトが切り替わり、どのような写真が撮れるのか確認できます。エフェクトを切り替えた際には、一瞬エフェクト名を表示します。

開発元によるデモ動画がこちら。

レモネード、バイオレット・フィズ、チェリー・パイのレトロ系のもののほか、全部で9種類のエフェクトが備わっています。

app_photo_superpopcam_1.jpg app_photo_superpopcam_2.jpg app_photo_superpopcam_3.jpg app_photo_superpopcam_4.jpg

カメラアイコンのボタンをタップすると、撮影した写真のプレビューを表示します。

SAVE」ボタンをタップしてカメラロールに保存できるだけでなく、矢印のアイコンのボタンをタップすると、メール・TwitterFacebookで共有も可能です。

app_photo_superpopcam_5.jpg app_photo_superpopcam_6.jpg

撮影後のプレビュー画面でも、スワイプしてエフェクトを変更することができます。

app_photo_superpopcam_7.jpg app_photo_superpopcam_8.jpg

エフェクトの微調整はできませんが、ギアアイコンをタップすると、四隅の暗さと外枠を設定できます。

また、使用範囲を指定することはできませんが、スクエアフォーマットに変更も可能です。

app_photo_superpopcam_9.jpg app_photo_superpopcam_10.jpg app_photo_superpopcam_11.jpg app_photo_superpopcam_12.jpg

外枠以外の設定はカメラモードにも反映されるため、事前に設定しておいてもいいでしょう。

詳細設定」をタップすると、「Settings」画面に切り替わり、そのほかの設定をおこなえます。

フル解像度での撮影には対応しておらず、現行のバージョンでは、「写真サイズ」で640×480ピクセル、もしくは960×720ピクセルを選択できます。

app_photo_superpopcam_13.jpg app_photo_superpopcam_14.jpg

TwitterFacebookのアカウント設定は「出力」でおこないます。

Twitterの場合、デフォルトの写真サービスはTwitpicになっていますが、「投稿サービス」でTwitgooyfrogを選択することも可能です。

app_photo_superpopcam_15.jpg app_photo_superpopcam_16.jpg

カメラ画面で左下のボタンをタップすると、写真アルバムから写真を読み込んでエフェクトを適用できます。

読み込んだ写真にエフェクトを適用した場合には、設定にかかわらず同じ解像度で出力するようです。

iPhone 4の「カメラ」アプリで撮影した写真(2592*1936)で試したところ、2048*1530ピクセルの解像度で出力されました。

撮影前にエフェクトのかかり具合を確認できるため、初心者も安心して撮影できます。

撮影後にもエフェクトの変更や、外枠をつけるなどの簡単な編集ができるのは重宝しそうです。

SuperPopCam – 入門トイカメラ App Store
写真/ビデオ:4.7 MB
価格:¥85
対応:iPhone 3GS以降
開発:Art & Mobile