sharp_kameyama_iphone6_1.jpg

iPhone 5の発売時期すら明らかになっていない中、さらにもう一世代先の「iPhone 6」製造へ向けた準備が着々と進めれているようです。 

日刊工業新聞の記事によると、シャープが次世代iPhone向けに液晶パネルを供給。

三重県亀山第一工場で、生産設備の導入に向けた工事が開始されたそうです。

sharp_kameyama_iphone6_0.jpg

この工場で「低温ポリシリコン液晶パネル」の量産を来年春に開始し、2012年に発売される「iPhone 6」に搭載される見通し、とも伝えています。

将来のiPhoneに関する情報がいろいろと出てきたので整理しておくと、

  • iPhone 4S (開発者向け):既に提供中?
  • iPhone 4 ホワイト:今月中(海外)
  • iPad 2 国内発売::今月中?
  • iPhone 5:2011年9月?
  • iPhone 6:2012年中?

といったスケジュールが考えられます(公式の発表ではなくあくまで予想)。

毎年夏に新機種が発表・発売されるというiPhoneの更新サイクルが変則的になる可能性があり、買換えのタイミングに頭を悩まされる日々がしばらく続くかもしれません。