eyefi_direct_mode_0.jpg

Eye-Fiが、iPhone向けのアプリのアップデートを公開。

デジカメで撮影した画像を直接iPhoneへ転送する「ダイレクトモード」が追加されています。

Eye-Fiは、無線LAN機能を内蔵したSDカードで、W-Fi環境があれば、デジカメからカードを取り出すことなく、ワイヤレスでMac/PCまたはサーバーなどに画像をアップロードすることができます。

今回のアップデートにより、Eye-Fi(X2シリーズ)がWi-FiアクセスポイントとなってiPhoneと直接接続し、Wi-Fi環境のない屋外などでも、画像を転送することが可能になりました。

eyefi_direct_mode_1.jpg

ダイレクトモード」の利用には、Eye-Fiのファームウェアが最新であることが必須となります。

アップデートは、Eye-Fiの管理ツール「Eye-Fi Center」で行えます。

eyefi_direct_mode_2.jpg

アップデートが成功したとのメッセージが表示されるまで、カードを抜かないように注意。

eyefi_direct_mode_3.jpg

次に、「Eye-Fi Center」でカードの設定を開き、「ダイレクトモード」のタブを選択。

ダイレクトモードを有効にする」にチェックを入れ保存。

接続のテストをするには「今すぐダイレクトモードを起動する」をクリックします。

eyefi_direct_mode_4.jpg

ダイレクトモードが起動していると、iPhoneのWi-Fi設定画面に、「Eye-Fi Card」というSSIDが表示されます。

上の画像に表示されているパスワードを入力してログインします。

eyefi_direct_mode_5.jpg eyefi_direct_mode_6.jpg

iPhoneへ画像を転送するには、『Eye-Fi
icon
』アプリの設定画面で「Receive Media」をオンにします。

ファイルタイプ毎に転送設定をオン・オフすることが可能。

eyefi_direct_mode_7.jpg eyefi_direct_mode_8.jpg

接続した状態で、デジカメで撮影すると、その場でどんどん画像がiPhoneへと転送されていきます。

転送された画像は、MobileMe, Flickr, Picasaなどのサービスへアップロードすることができます。

また、iPhoneに取込まれた画像はカメラロールに保存されるので、他のアプリから利用することも可能です。

eyefi_direct_mode_9.jpg eyefi_direct_mode_10.jpg

これまで屋外などではPocket Wi-Fiなどと併用する必要がありましたが、このダイレクトモードを使えば、Eye-Fiを挿したデジカメとiPhoneだけで、撮った写真を直ぐにメールしたり、共有サイトに投稿することができます。

デジタルカメラで撮影することが多いiPhone・iPadユーザーには、メリットが大きいアップデートではないでしょうか。

タイトル Eye-Fi
icon
カテゴリ App Store > ゲーム
開発 Eye-Fi
対応機種 iPhone・iPod touch (iPad 互換)
価格 無料