ipad2_smartcover_review_0.jpg

アップル純正の「iPad 2」専用のカバー『Apple Smart Cover』を購入してみました。

液晶画面のみを保護する折畳み可能なカバーで、

  • カバー内及びiPad 2に内蔵されたマグネットで装着
  • フタの開閉と連動して自動でスリープ解除・スリープ
  • 折り畳んでスタンドとして使用できる

といった特徴があります。

日本人にとっては「風呂のフタ」として馴染み深いデザインながら、海外では全く新しいユニークな商品として受け止められているようです。

ラインナップはポリウレタン製とレザー製があり、それぞれ5色のカラーバリエーションから選択できます。

今回は、ポリウレタン製の水色とレザー製のブラックの2つを購入しました。

ipad2_smartcover_review_2.jpg

カバー側面に、細長いマグネットとアルミ製のヒンジがあり、これをiPad 2本体の左端に近づけて磁力で取り付けます。

iPad 2本体と接する部分には薄いラバーが貼付けてあり、本体へのキズを防ぐ構造になっています。

また、画面と接する裏地の部分はマイクロファイバー製で、ホコリによる擦り傷などを防いでくれます。

ipad2_smartcover_review_3.jpg

本体裏面からみたところ。

マグネットはかなり強力で、ピタッと貼り付いて簡単に剥がれ落ちてしまう心配はありません。

ipad2_smartcover_review_4.jpg

純正のアクセサリーだけあり、デザインおよび装着した際の一体感は抜群です。

厚さもごくわずかで、せっかく薄型化したiPad 2の魅力を損なうことがありません。

ipad2_smartcover_review_5.jpg

カバーの右端(折っているところ)の中央にもマグネットがあり、磁力でiPad 2に貼り付くことで、カバーを締めた状態を保ってくれます。

また、このマグネットを感知するセンサーがiPad 2本体に内蔵されており、カバーの開閉に連動して自動でスリープ解除・スリープを行ってくれるため、「ロック解除」の手間を省いてくれます。

ipad2_smartcover_review_6.jpg

iiPadを使用しているときは、このように裏側に畳んでおくとジャマになりません。

ipad2_smartcover_review_7.jpg

カバーを3角になるように折り畳むと、タイピングやWebブラウジングにちょうど良いスタンドになります。

ipad2_smartcover_review_8.jpg

縦にすれば動画鑑賞などに最適な角度になります。

ipad2_smartcover_review_12.jpg

レザー素材のモデルがこちらです。

サラサラとしたポリウレタン製と手触りとは異なり、革ならではのしっとりとした感触がします。

少々驚いたのが、ポリウレタン製とほぼ同じ厚さしかないこと。

重さも、ポリウレタンの137gより1g多い138gしかなく、「レザー=厚くて重い」とは異なります。

ipad2_smartcover_review_9.jpg

ポリウレタン製の裏地は全てグレーなのに対し、レザー製はカラーによって異なるので、選択する際にチェックをお忘れなく。

ipad2_smartcover_review_10.jpg

iFixitの分解・分析によると、『Apple Smart Cover』の中に21個もマグネットが内蔵されているそうです。

そのような中身や構造をしらずとも、ピタット装着できてだれでもごく自然に使え、まさにスマート(賢い)という名前がふさわしいiPad 2のコンパニオンといえます。

価格は、ポリウレタン製が3,980円、レザー製が6,980円で販売されます。

アップルがデバイス本体だけでなく、アクセサリーにもアイデアと時間を費やしていることが感じられる、iPad 2ユーザーなら必ず持っていたい製品となりそうです。