moncarbone_ipad_0.jpg

monCarbone社から発売されている、初代iPad専用のカーボン製ハードケース『monCarbone Carbon Fiber Case for iPad』を購入、試してみました。

先日レビューを掲載した、iPhone 4用のカーボンファイバー素材のケースが想像以上に良い製品だったので、iPad版も購入してみました。

市場に流通している「カーボン」を謳うアクセサリーのほとんどが、カーボン素材を模した「カーボン調」であるなか、同社の製品は本物のカーボン素材を使用しています。

このカーボン製ケースのシリーズは、iPhone用とiPad用があり、またそれぞれにツヤ有り・消しの2種類があり、

の計4種類の製品があります。

今回購入したのは、ツヤ無しのバージョン。

moncarbone_ipad_1.jpg

パッケージから出し、手に持ってみると、まずその軽さに驚かされます。

厚さは0.6m、重さは42gしかありません。

これまでも「薄型」のケースをいくつか試していますが、それらよりも明らかに異なり、例えるとすれば「紙でできている」軽さながら、プラスチックよりも硬い、という不思議な感覚です。

moncarbone_ipad_2.jpg

ロゴはケースの内側にあり、iPadに装着すると隠れる位置にあります。

本物のカーボンならではの美しい平織り模様も確認できます。

moncarbone_ipad_3.jpg

カーボン素材は電波の受信に影響するため、iPad 3G版のアンテナ部分(黒い樹脂製のパネル)に、小さな穴が開けられています。対策は取られているものの、3G電波の弱い場所などで、影響があるかもしれません。

また、iPadのWi-Fiのアンテナは背面のAppleマークの中にありますが、その部分には上記にような対策が施されておらず、これも電波の弱い場所での影響が考えられます。

moncarbone_ipad_4.jpg

iPhone 4用では、アンテナ(金属バンド)への配慮から側面にカーボンが使われていませんでしたが、iPad用は全面でカーボンを使用しています。

moncarbone_ipad_5.jpg

iPadに装着したところ。

厚さが0.6mmしかなく、また本体との隙間が全くないため、一見すると、元々このデザインだったようにもみえます。

moncarbone_ipad_6.jpg

スピーカーやドックコネクタ、ボタン類へのアクセスも問題ありません。

moncarbone_ipad_7.jpg

iPhone 4用のレビューでも触れましたが、このシリーズは加工精度は極めて高く、吸い付くようにフィットし、またエッジ部分の引っかかりもありません。

moncarbone_ipad_8.jpg

写真では分かりにくいですが、ケースはiPadの背面および側面を完全にカバーし、露出するのはガラス面だけになります。

moncarbone_ipad_9.jpg

今回選択した「Mystery Black」は、ザラザラとした手触りのツヤ消しの表面で、キズがついても目立ちにくく、また滑り止めの効果もあります。

moncarbone_ipad_10.jpg

先日発表された「iPad 2」は薄く・軽くなっていますが、ケースをカーボン製にするだけで、初代のiPadでも、裸で使うのとほとんど変わらない薄型化・軽量化ができます。

初代のiPadをもう少し長く使う予定の方は、検討してみてはいかかでしょうか。

製品名 monCarbone for iPad (Midnight Black)
monCarbone for iPad (Mystery Black)
製造 monCarbone
対応機種 初代 iPad
厚さ・重さ 0.6 (mm)・42 (g) 
ショップ アマゾン
参考価格 8,980円 (税込)