prister_iphone4_white_sticker_0.jpg

iPhone 4 ホワイト」の発売が都市伝説化しつつあるため、手軽にホワイト化できるスキンシート『Pristar: iPhone 4用光沢ホワイト』を購入してみました。

iPhone 4用の白いスキンシート販売している会社はいくつかあるようですが、今回は背面のアップルマークを隠さないデザインのこの商品を選んでみました。

注文して2日後にクロネコメール便で届いたのが、表・裏のスキンが貼られたこのようなシート。

「光沢ホワイト」という商品名のとおり、ツルツルとした表面です。

prister_iphone4_white_sticker_1.jpg

貼る付手順に沿って、まずは裏面から貼っていきます。

スキンシートはかなり精密にカットされており、サイズはもちろんのこと、カメラ・フラッシュ周囲もギリギリまで覆われます。

そのため、ピッタリと位置を決めるのが難しいですが、失敗しても貼り直すことができるので辛抱強く作業しましょう。

prister_iphone4_white_sticker_2.jpg

次に表面を同様に貼っていきます。

貼り付け手順が背面を先に行うように勧めているのは、表面の方がより難易度が高いのが理由のようです。

カメラおよびスピーカー部分を先に貼り、次にホームボタンのある下部、最後にサイドの細い部分、という順序で貼ります。

prister_iphone4_white_sticker_3.jpg

アップルマークの部分は正確に切り抜かれており、鏡面仕上げのマークが隠れません。

prister_iphone4_white_sticker_4.jpg

カメラとフラッシュの部分。

ジャストサイズなのでズレないように注意しながら貼る必要があります。

prister_iphone4_white_sticker_5.jpg

ホームボタン用のシールもギリギリのサイズで、隙間がほとんどなく、そのせいかボタンの押しづらく感じられます。

prister_iphone4_white_sticker_6.jpg

サイズがピッタリなので、表面・裏面ともにほぼ完全にホワイト化することができます。

しかしながら、iPhone 4のガラスパネルは厚みがあり、そのサイド部分からどうしてもブラックがのぞいてしまいます。

そこで、Pristar社のTwitterで紹介されていた、アップル純正のバンパー(ホワイト)との組み合わせを試してみました。

prister_iphone4_white_sticker_7.jpg

バンパーを装着したのがこちら。

かなりスッキリとした印象になりました。

prister_iphone4_white_sticker_8.jpg

ホワイトのほかにも、メタリック・カーボン調・木目など、さまざまな柄・デザインのスキンシートを購入することができます。

価格も手頃で飽きたら剥がすことができるので、ホワイトにこだわりがなくても、ちょっと気分を変えたい時によいかもしれません。

製品名 iPhone4用光沢ホワイト
販売 Pristar (プリスター)
価格 1,260 円 (税込) + 送料