macbook_air_refurbished_0.jpg

Apple公式サイトの整備済製品コーナーで『MacBook Air 11インチ』を購入してみました。

アップルのサイトによると、「整備済製品」とは、

店頭商品、返品商品、初期不良品などを修理調整し、新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品です。新製品同様、1年間の特別保証書をお付けしております

との解説が添えられています。

要するに新品同様のアップル製品がお得に買える(こともある)のですが、在庫が不定期に追加されるため、いつでも購入できるわけではありません。

今回は、以前より狙っていたスペックの『MacBook Air 11インチ(以下MBA11)』が、新品より約2万円安く販売されていたので、思い切って購入してみました。

オーダーしてから約23時間という早さで届いたパッケージはかなり大振りなもので、明らかにMBA11用のものではありません。

 

macbook_air_refurbished_1.jpg

アクセサリー類は白い箱に収めらています。

ACアダプター・ケーブル類には、新品にみられる様なフィルムが貼られていました。

macbook_air_refurbished_2.jpg

MBA本体も透明なフィルムでラッピングされています。

macbook_air_refurbished_3.jpg

全体を見回しても新品と変わりがなく、カドの部分にもキズやヘコミは認められません。

本体裏にあるゴム製の「4つ足」にも使用の跡はみられませんでした。

macbook_air_refurbished_4.jpg

キーボードも照明を当ててよく観察してみましたが、指紋やゴミなどは一切なく、新品と見分けがつきません。

macbook_air_refurbished_6.jpg

もちろん正常に起動し、初期設定および数時間使用してみましたが、とくに異常はみられてませんでした。

macbook_air_refurbished_7.jpg

人気のMBAを在庫処分目的で整備済みとして販売しているはずはないので、さらによくみると、本体にかすかなキズ(写真中央の黒い点)が1つありました。

macbook_air_refurbished_8.jpg

また、説明書等が入っている紙製のケースにも使用の跡がみられました。

元々本体とセットだったのか不明ですが、やはり返品・初期不良などで戻ってきたものを、調整・クリーニングした製品のようです。

macbook_air_refurbished_9.jpg

そもそもMBAの購入に至ったのは、外出時(サイト運営のため常時)に持ち歩いていた「MacBook Pro 15インチ」があまりにも重く感じられるのが理由でした。

比較するまでもないですが、ACアダプターを含めた重量で、2.855Kg(MBP15)から1.235Kg(MBA11)と、約1.62Kg減量できた計算になります。

macbook_air_refurbished_10.jpg

また噂には聞いていましたが、SSDを搭載したMBAのレスポンスは予想以上に速く快適です。

体感的には、昨年4月に約25万円で購入したMBP15(2.66GHz Intel Core i7 8GB 500GBHDD)よりもキビキビとしています。

難点をあげるとすれば、やはり画面上の作業スペースが狭いことと、字が小さく見辛いことでしょうか。

前者はドックやウインドウのアレンジで、後者は文字のサイズを変えることで、対応できないこともありませんが。

macbook_air_refurbished_11.jpg

今回購入したMBAは、プロセッサを1.4GHz→1.6GHz、メモリ2GB→4GBにアップグレードしたカスタマイズモデルで、価格は108,800円(税込)。新品より19,600円安く購入できたことになります。

浮いたお金でアクセサリーやアプリを買えば、同じ金額でより充実したMacライフを送れる、と考えることもできます。

整備済製品はアップルの保証が1年ついており、とくに新品にこだわりがなければ、お得にアップル製品を購入できるオプションとして、覚えておくとよいかもしれません。

【リンク】Apple公式サイト 整備済製品