icon
icon
screenshot

1972年、ユネスコ総会が採択した「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて登録された、「顕著な普遍的価値」をもつ遺跡や景観を「世界遺産」と呼びます。

ウィキペディアによると、現時点で文化遺産・自然遺産・複合遺産合わせて911件が世界遺産として登録されています。

Fotopedia Heritage
icon
』は、25,000点に及ぶ、世界遺産の美しい写真を閲覧し、世界中を旅することができるアプリです。

(この記事はゲストライターのTom氏が執筆しました)

利用には、インターネットへの接続が必要となります。

トップ画面の「Start Here」をタップすると、世界遺産の旅が始まります。

app_travel_fotopedia_heritage_1.jpg

スワイプで次々に写真を閲覧することができます。

画面左上のアイコンをタップして、サムネールから見たい写真を選択して表示することも可能です。

app_travel_fotopedia_heritage_2.jpg

アクションボタンをタップすると、写真のリンクをTwitter、Facebook、メールで共有することができます。

壁紙用に写真を保存することも可能です。

app_travel_fotopedia_heritage_3.jpgapp_travel_fotopedia_heritage_4.jpg

星印のアイコンをタップして、お気に入りに追加しておけば、写真に簡単にアクセスできます。

app_travel_fotopedia_heritage_5.jpg

左側にある「i」ボタンをタップすると、世界遺産の解説を表示します。

表示中の世界遺産のUNESCO World Heritage Centre のページや、Wikipedia(英語)の記事ページを内蔵ブラウザで開くこともできます。

app_travel_fotopedia_heritage_6.jpgapp_travel_fotopedia_heritage_7.jpg

左側の地球の地球のアイコンのボタンをタップすると、地図上に世界遺産がある場所を表示し、世界遺産を示すピンをタップして、ほかの写真を開くことも可能です。

app_travel_fotopedia_heritage_8.jpg

ルーペのアイコンのボタンをタップすると、リストや入力したキーワードから世界遺産を検索できます。

ここでは、「Wall」をキーワードにして、万里の長城(The Great Wall)の写真をしています。

app_travel_fotopedia_heritage_9.jpgapp_travel_fotopedia_heritage_10.jpg

画面左下のスマートタグをタップして、「大陸」「地域」「国」など同じタグが付いた写真を表示することも可能です。

ここでは万里の長城の写真で「China」のタグを選んで、同じ中国の紫禁城の写真を表示しています。

app_travel_fotopedia_heritage_11.jpg

右下の撮影者の名前をタップして、写真家の情報を表示することもできます。

app_travel_fotopedia_heritage_12.jpg

トップ画面に戻ると、お気に入りに追加した写真・訪問したサイトの数が表示され、これまでに閲覧した写真を元にして、おすすめの写真を紹介してくれます。

app_travel_fotopedia_heritage_13.jpg

iPadでの利用を念頭において開発されていますが、ユニバーサルアプリなので、iPhone・iPod touchでも使用できます。

app_travel_fotopedia_heritage_14.jpgapp_travel_fotopedia_heritage_15.jpg

解説が英語のみという制約はありますが、膨大な美しい写真を見ているだけで楽しめるアプリです。【追記】アップデートにより現在は日本語化されています。

海外の世界遺産を訪れる機会は多くないと思います。

Fotopedia Heritage
icon
』を使用して、世界中を旅してみてはいかがでしょう?

タイトル Fotopedia Heritage
icon
カテゴリ App Store > 旅行
開発 Fotopedia
対応機種 iPhone・iPod touch・iPad (ユニバーサル)
価格 無料