tunefolio_urban_for_ipad_0.jpg

TUNEWEARから発売された、スタンド機能付きのiPad用ケース『TUNEFOLIO URBAN for iPad 』を購入してみました。

このケースは、以前レビューしたことがある『TUNEFOLIO』の新シリーズにあたるもので、

  • 耐久性のあるナイロン素材を採用 
  • ラバーバンドで留める手帳のようなデザイン
  • 角度の調節ができるスタンド機能
  • ショルダーストラップで肩から下げるバッグとして利用
  • 首から画板のようにかけて立ったまま使用可能

といった特徴があります。

メーカーによる紹介動画がこちら。

パッケージには、ケース・ショルダーストラップ・液晶保護シート・クリーニングクロスが付属しています。

tunefolio_urban_for_ipad_8.jpg

カラーは写真の「ブラック」の他に「オレンジ」「ブラウン」「レッド」の計4色から選択できます。

tunefolio_urban_for_ipad_9.jpg

ラバーバンドは本体とは異なるカラーが使われ、デザイン上のアクセントにもなっています。

tunefolio_urban_for_ipad_1.jpg

iPadは、ケースを開いた状態で中央からフレームにスライドさせて収納します。

3つあるタブにはマジックテープが着いており、4方向からiPadを固定。使用中・移動中のズレを防いでくれます。

tunefolio_urban_for_ipad_2.jpg

iPadを収納し、ラバーバンドで閉じたところ。

好みにもよると思いますが、iPadのデザインには、以前レビューしたモデルPUレザーよりも、ナイロン素材の方が相性がいいように感じます。

tunefolio_urban_for_ipad_3.jpg

背表紙にあたる部分にある、ストラップを留める部分。

しっかりと縫製されているので、安心して持ち運びができそうです。

tunefolio_urban_for_ipad_4.jpg

取外しが可能なショルダーストラップは十分な長さがあり、自由に調節できるので、

  • 肩から掛ける
  • 「たすきがけ」にする
  • 首からかけて画板のように使う

など、様々な使い方ができます。

tunefolio_urban_for_ipad_5.jpg

また、ケースとして、持ち運ぶバッグとしてだけでなく、スタンドとしても機能も備えています。

iPadを入れる部分にマジックテープの突起(細長い数ミリの出っぱり)があり、

tunefolio_urban_for_ipad_6.jpg

これによって、ケース内側に自由な角度で固定することができます。

下の写真は最も倒した状態。ほぼ垂直にすることも可能です。

tunefolio_urban_for_ipad_7.jpg

素材がナイロンになったことで、耐久性だけでなく、デザイン性もアップした印象です。

また、iPadの固定方法、使用されている金具、ショルダーストラップなどにも改良がみられ、全体的な品質も向上しているようです。

iPadを持ち歩くことが多いひとには便利なケースではないでしょうか。

製品名 TUNEFOLIO URBAN for iPad Wide
販売 フォーカルポイントコンピュータ
ショップ アマゾン
/ 楽天
/ フォーカルストア
価格 5,980円 (税込)