apple_logo_cover_4.jpg

iPhone 4に装着するだけでホワイトモデル風にできる『Apple ロゴカバー for iPhone 4 ホワイト
』というハードケースが販売されていたので試してみました。

当サイトでも何度もお伝えしているとおり、iPhone 4は「ブラック・ホワイト」の2色が発売される予定でしたが、なんらかの理由でホワイトモデルの発売が再三にわたり延期されています。

ホワイトにこだわる人にとっては、

  • アップルが発売するのを待つ
  • ブラックを購入し、サードパーティ製のパネルに交換する

の2つぐらいしか選択肢がありませんが、前者はいつになるか分らず、後者は改造にあたる可能性があり、保証が受けられなくなる、という問題があります。

このハードカバーは、iPhone 4のブラックに被せるだけで、バックパネルをホワイト化できるアクセサリーとして販売されています。

apple_logo_cover_0.jpg

非常にシンプルなパッケージで、ケース本体に簡単な日本語の説明書が同梱されています。

キズを防止するたに貼られている保護フィルムを剥がして使用します。

apple_logo_cover_1.jpg

デザインを比較するため、iPhone 4のブラックモデルと並べてみました。

カメラの周囲を除くと、ぱっとみた限りでは分らないほど非常によく似ています。

apple_logo_cover_2.jpg

ケースの内側からみたところ。

一般的な薄型ハードケースと同じ形状で、白いのはバックパネルのみ。側面はツヤ消しの半透明色です。

apple_logo_cover_3.jpg

実際に装着してみたことろ。

ガラスではなく樹脂製なので質感は異なりますが、デザイン上はかなりホワイトに近いような印象です。

apple_logo_cover_4.jpg

ケースが保護するのは、バックパネルと側面だけなので、当然ながらフロントはブラックのままです。

apple_logo_cover_8.jpg

横からみたところ。

サイドが半透明なため、iPhone 4のデザイン上で重要な役割をもつ金属バンドが隠れることはありません。

apple_logo_cover_5.jpg

ミュートスイッチ、ボリューム・ボタンも問題なく操作できます。

apple_logo_cover_6.jpg

本体の上からみたところ。

大きく開口しているため、スリープボタンやイヤフォンへのアクセスも問題ありません。

下側も同じで、スピーカー・マイク・ドックコネクタを塞がないデザインです。

apple_logo_cover_7.jpg

いかにも怪しげなアクセサリーですが、価格もリーズナブルで、手軽にホワイトっぽさを味わうにはよいかもしれません。

製品名 Apple ロゴカバー for iPhone 4 ホワイト
販売 モバイルプラザ 
ショップ アマゾン / 楽天
参考価格 1,029円 (税込)