elementcase_iphone4_13.jpg

Element Case社のiPhone 4専用アルミ製バンパーケース『Element Case iPhone 4 Vapor
』を購入してみました。

海外ではかなり前に発売されており、非常に人気が高いため生産が追いつかない時期もあったようです。

以前は個人で輸入するのが主な入手方法でしたが、昨年末にElement Case Japanが営業を開始し、国内でも購入しやすくなりました。

Element Case iPhone 4 Vapor』は、カラーバリエーションが豊富なのが特徴ですが、今回はもっともシンプルな「Silver/Silver」を選んでみました。

パッケージには、バンパー本体とスクリュー6本(2本は予備)、6角レンチが含まれています。

(以下の画像は全て、クリック/タップで拡大表示できます)

elementcase_iphone4_1.jpg

バンパーはアルミを削り出した2つのピースで構成され、接続部分をスクリュー2本ずつで締める構造になっています。

elementcase_iphone4_2.jpg

iPhone 4の側面にある金属バンドはアンテナの機能を兼ねているため、それと接触しないように、ケースの内側にはライナーが貼られています。

アンテナそのものには触れない構造ですが、素材が金属なため、電波受信になんらかの影響あることが予想されます。

elementcase_iphone4_3.jpg

ピースの接続部分。

2本のスクリューは、ピースを留めると同時に、デザイン上の重要なアクセントとしても機能しています。

elementcase_iphone4_4.jpg

装着するには、まず「コの字」のピースにiPhone 4をスライドさせます。

ケースは精密に作られており、ムダな隙間はほとんどありません。

elementcase_iphone4_5.jpg

付属の6角レンチでスクリューを回してしっかりと締めます(ネジを傷めるので力の入れ過ぎに注意)。

簡単な作業ですが、スクリューが小さく紛失しやすいため、あらかじめ明るくて広い作業スペースを用意しておくことをおすすめします。

elementcase_iphone4_6.jpg

接続部分の精度も高く、隙間無くピッタリとはまり、ケースに一体感が生まれます。

elementcase_iphone4_7.jpg

ケースを装着したところ。

精度だけでなく、カドの処理などになんとも言えないセンスが感じられ、いつまでも眺めていたいような気分にさせてくれます。

elementcase_iphone4_13.jpg

ヨコからみたところ。

ボタン類の周囲も丁寧に加工されており、イヤな引っかかりが無く、操作にもほとんど影響がありません。

elementcase_iphone4_9.jpg

本体の上からみたところ。

ケースにスリープ用のボタンがあり、本体のボタン同様に使用できます。

ヘッドフォンジャックはかなり奥になるため、プラグの形状によっては干渉する恐れがあります。

純正のイヤフォン、『Atomic Floyd HiDefDrum』では問題ありませんでした。

elementcase_iphone4_10.jpg

本体下からみたところ。

こちらもドックがかなり奥まっているため、ドックにじかに挿すタイプのアクセサリーは干渉する恐れがあります。

重宝しているワンセグチューナー『ちょいテレi』が使用できないのは残念でした。

elementcase_iphone4_11.jpg

このケースの最も魅力的な部分をあ