juice_pack_plus_iphone4_0.jpg

フォーカルポイントから発売された、iPhone 4専用のバッテリー内蔵ケース『Juice Pack Plus for iPhone 4』を購入してみました。

既に発売されている薄型のバッテリー内蔵ケース『Juice Pack Air for iPhone 4
』(レビューはこちら)の容量をアップしたモデルで、スペック上での充電容量が2,000mAhと約33%増量しています。

バッテリー内蔵ケースは各社から発売されており、当サイトでもこれまで4つの製品をレビューしていますが、どれも1,500〜1,600mAhの容量で、2,000mAhはこれまでで最大となります。

パッケージには、バッテリー内蔵ケース本体の他に、充電・同期に使うUSB-microUSBケーブが付属します。

juice_pack_plus_iphone4_1.jpg

ケースはiPhone 4をすっぽりと包む形状で、内部にあるDockコネクタで給電を行うデザインも、これまでの製品と変わりません。

アップル社が定める基準を満していることを証明する「Made for iPhone」の認定マークがあり、安心して使用することができます。

juice_pack_plus_iphone4_2.jpg

カラーバリーションは、写真の「ブラック」の他に、「シアン」「イエロー」「マゼンタ」があります。

写真では見分けるのが困難ですが、背面はマット(艶消し)のラバー風素材、側面はより硬い樹脂を採用しています。

本体は2つのピースに別れていて、離した状態でiPhone 4の着脱を行います。

juice_pack_plus_iphone4_3.jpg

iPhone 4をスライドさせて装着し、上のピースをはめます。iPhone 4のサイズぴったりに作られているので、隙間やガタつきはありません。

また、成形の精度が上がったのか、「カチッ」という音とともにピースが収まり、『Juice Pack Air
』よりも一体感が向上している印象です。

juice_pack_plus_iphone4_4.jpg

また、ボタンがこれまでの「切り抜き」から純正バンパーのような方式に変更されており、以前レビューに書いた押しにくさが改良されています。

juice_pack_plus_iphone4_5.jpg

比較しやすいように『Juice Pack Air
』(下)と重ねてみました。小さな改良ですが、使い勝手にはかなり良くなったといえます。

juice_pack_plus_iphone4_12.jpg

音量ボタン(左)とスリープ/パワーボタンを内側からみたところ。

ケースのボタンを押すと、グレーの部分がiPhoneのボタンを押す仕組みになっています。

juice_pack_plus_iphone4_6.jpg

iPhoneに装着した状態で、上下方向からみたところ。

下に並んでいるのは、バッテリー残量をチェックするボタンとそのLEDです。

juice_pack_plus_iphone4_7.jpg

カメラの周囲は、フラッシュによる映り込みを防ぐように設計されているようです。

juice_pack_plus_iphone4_8.jpg

バッテリーの残量は、4つのLEDで表示。

左の角にあるスイッチで、iPhoneへの給電のオン・オフを切換えることができます。

juice_pack_plus_iphone4_9.jpg

付属のケーブル1本で、充電および同期が行えるため、同期の度にiPhoneをケースから出す必要がありません

juice_pack_plus_iphone4_10.jpg

Juice Pack Air
』と並べてみました。

容量が33%増えたため重さが約15g増加していますが、厚みはほとんど変わっていません。

juice_pack_plus_iphone4_11.jpg

気になる性能ですが、iPhone 4を完全に放電した状態から、フル充電1回+α(5%)まで充電することができました(105%の充電)。

これまで試した同タイプの製品はどれも80%程度で、確かに容量がアップしていることが確認できました。

重さが気になる方や女性は『Juice Pack Air
』(レビューはこちら)という選択もアリですが、ボタンが押しやすく容量に余裕のあるこの製品をおすすめします。

製品名 Juice Pack Plus for iPhone 4
販売元 フォーカルポイント
サイズ・容量 65.5 x 130 x 18 (mm)、 2,000mAh
ショップ アマゾン / 楽天 / フォーカルストア
参考価格 7,940円 (税込)