princeton_fisheye_lenskit_pip-ck4fb_0.jpg

プリンストンテクノロジーが販売している、魚眼レンズとiPhone 4用ケースがセットになった『iPhone4用 魚眼レンズキット
』を購入してみました。

トイカメラ風やビンテージ調など、豊富なカメラ系アプリを使って写真撮影を楽しめるのは、iPhoneの魅力のひとつでもあります。

この『iPhone4用 魚眼レンズキット
』は、iPhoneのカメラに魚眼レンズ(fisheye)を追加し、超広角のユニークな写真・映像の撮影を可能にしてくれるアクセサリーで、

  • 180度の超広角レンズ
  • 専用ハードケースでiPhoneへの接着が不要
  • ネジ込み式で簡単にレンズを脱着
  • 画像・映像鑑賞時に便利なスタンド機能
  • iPhone 4専用

といった特徴があります。

princeton_fisheye_lenskit_pip-ck4fb_1.jpg

パッケージには、魚眼レンズ・レンズカバー(2)・専用のハードケースが含まれています。

カラーバリエーションは、写真の「ブラック」の他に、「ホワイト」も用意されています。

princeton_fisheye_lenskit_pip-ck4fb_2.jpg

レンズの重さは約13g。

画角は180度あり、広大な景色や大きなものでも1枚の写真に収めることができ、また独特の歪みによってユニークな写真を撮ることもできます。

princeton_fisheye_lenskit_pip-ck4fb_3.jpg

iPhone用のレンズには、本体に貼付けるタイプと、クリップで固定するタイプとがありますが、両面テープによる固定や、クリップの位置ズレを直す必要があり、あまりスマートではありません。

このレンズは、iPhone側に「ネジ山」があり、これを使って簡単に、付属のケースに着脱をすることが可能。

princeton_fisheye_lenskit_pip-ck4fb_4.jpg

ケースのカメラ周辺の部分は若干高くなっており、内側にレンズを固定するためにネジ山があります。

レンズを使わない時はこの「でっぱり」が邪魔になり、普段使いのケースとしてはおすすめできませんが、イベントや旅行等、このレンズで撮影を楽しみたい日だけ使うのであればガマンできる範囲だと思います。

注意したいのは、LEDフラッシュの部分が塞がれているため、フラッシュを使う際はケースを外す必要があるという点。

princeton_fisheye_lenskit_pip-ck4fb_5.jpg

実際にケースにレンズを装着したところ。

2、3回軽くネジ込むだけで装着でき、iPhoneカメラとレンズの中心がズレることなく、ピタリと固定することができます。

princeton_fisheye_lenskit_pip-ck4fb_6.jpg

専用ケースには、スライドショーや動画を鑑賞する時に便利なスタンド機能が付いています。

ただ、「脚」造りがあまり丈夫そうには見受けられず、耐久性は定かではありません。

princeton_fisheye_lenskit_pip-ck4fb_7.jpg

サンプルの画像・映像を撮影してみました。

デフォルトでは丸く表示され周囲が黒くなりますが、カメラのズーム機能を使うと、画面いっぱいに画像を表示することも可能です。

princeton_fisheye_lenskit_pip-ck4fb_8.jpg princeton_fisheye_lenskit_pip-ck4fb_9.jpg
princeton_fisheye_lenskit_pip-ck4fb_10.jpg

景色だけでなく、歪みを利用して動物や人物を撮ってみるのも楽しいかもしれません。

価格もリーズナブルですし、iPhoneでの撮影の幅を広げたい、ユニーク写真をとりたいという方におすすめします。

製品名 iPhone4用 魚眼レンズキット
製造 プリンストンテクノロジー 
ショップ アマゾン
/ 楽天
参考価格 3,500円前後