skype_iphone_video_0.jpg

スカイプが、iPhone向けのアプリのビデオ通話対応を準備しているとの情報があるようです。[source: Engadget ]

Skype for iPhone
icon
』のヘルプにビデオ通話に関する説明がみつかったもので、存在していないバージョン(3.0)にも言及しています。

skype_iphone_video_1.jpg

To make video calls with your contacts, you will need an iPhone 4, iPhone 3GS, 3rd generation iPod touch, 4th generation iPod touch or an iPad. Your contacts will only be able to see you if your device has a camera. Make sure your device is running iOS 4.0 or above and that you are using Skype for iPhone 3.0 or above.
コンタクトとビデオ通話をするには、iPhone 4, iPhone 3GS, 第3世代iPod touch, 第4世代iPod touch, またはiPadが必要です。カメラを搭載していないデバイスでは、相手は映像をみることができません。iOS 4.0以上、Skype for iPhone 3.0以上が必要です。

該当箇所は既に削除されており、単純なミスの可能性もありますが、対応機種・OSなども具体的に記載されていることから、既に開発が終了していることも考えられます。

また、同社は来月6日からラズべガスで開催される「CES 2011」でビデオ通話に関するパネルディスカッションへの参加が予定されており、多くのメディアが集まっている会場での発表も、タイミングとしては悪くありません。

「禁断のアプリ」と呼ばれたり、大規模な障害発生など、近頃イメージダウン気味のスカイプですが、ユーザー数・利便性ともにVoIPサービスの揺るぎのない本命であることに変わりはありません。

同じビデオ通話には、アップルが強力に普及を推し進めている「FaceTime」がありますが、、対応デバイスがアップル製に限られているという問題があります。

Skype for iPhone
icon
』でビデオ通話が実現すれば、顔をみながらの通話がより一般的になるかもしれません。