apple_tv_update_411_0.png

アップルが、第2世代の「Apple TV
」向けのソフトウェア・アップデート「4.1.1」の配布を開始しています。

アップデートの内容は明らかになっていませんが、「Apple TV
」は11月に「4.1」をリリースしていることや、バージョンが「4.1.1」となっていることから、今回は問題の修正などを中心としたものと思われます。

アップルのサポート文書によると、

  • HDTVで誤って480pで表示される問題の修正
  • テレビや映画が再ダウンロードされる問題の修正

の2つが含まれ、機能の追加などは無い模様です。

少しややこしいのは、アップルはApple TVのソフトウェアにおいて、iOS(中身)と画面上で異なる表記をしているという点です。

アップデート後のApple TVの画面では「4.1.1」と表示されますが、サーバー上のファイル名は「AppleTV2,1_4.2.1_8C154_Restore.ipsw」とあり、実体は「iOS 4.2.1」である可能性が高いといえます。

Apple TV」も、同じiOSをベースとしたiPhone・iPod touch・iPadと同様に今後も頻繁にアップデートによる改良・機能追加が行われると予想され、ユーザーとしては今後もアップデートには注目したいところです。

【リンク】Apple TVのレビュー 〜 ハードウェア編

【リンク】Apple TVのレビュー 〜 ソフトウェア編

Apple TV ソフトウェア・アップデートの手順

他のiOSデバイスと異なり、Apple TVはMac/PCと接続することなく、単体でソフトウェア・アップデートを行うことができます。

「一般」>「ソフトウェアをアップデート」を選択。

apple_tv_update_411_1.png

アップデートがある場合は、以下のような画面が表示されます。

「ダウンロードとインストール」をクリックして更新をスタート。

apple_tv_update_411_2.png

アップデート中はApple TVの電源を抜かないように注意します。

ネットワークの接続環境やサーバーの混雑状況にもよりますが、5分〜15分程度で終了します。

apple_tv_update_411_3.png

「一般」>「情報」から、バージョンが上がっているいることを確認します。

apple_tv_update_411_4.png