iphone4_avenue_d_3.jpg

非接触ICカードを収納し、iPhoneでおサイフケータイのように使えるハードケース『avenue-d Card-in Jacket for iPhone 4
』を購入、試してみました。

以前にも、ICカードなどを収納できるハードケース『Case-Mate ID Case for iPhone 4』をレビューしましたが、それと比較してこのケースは、

  • ICカードを完全に収納
  • 読み取りエラーを防止するシートが付属
  • 通常のケースとほとんど変わらない厚さ
  • ケース+カードを買うよりトータルコストが低い

といった特徴があります。

パッケージの内容は、ケース本体と読み取りエラーを防止するシート(手前)の2つ。

iphone4_avenue_d_1.jpg

ケース本体のカラーはブラック。表面は、滑り止めおよび指紋を目立ちにくくするマット(ツヤ消し)加工が施されています。

iphone4_avenue_d_2.jpg

ケースの内部、本体の下側にあたる部分に、カードがちょうど1枚入るスペースが設けられています。

iphone4_avenue_d_3.jpg

ストッパーの働きをする突起があり、カードが上にズレるのを防止。カメラのホールを塞ぐ心配はありません。

iphone4_avenue_d_4.jpg

iPhone 4とスイカ・PASMOなどの非接触ICカードと本体と重ねた状態では、読み取りエラーが発生することがありますが、これを防止するためのシートが付属。

本体の背面、ちょうどカードが収納される場所に合わせて、シートを貼付けます。

iphone4_avenue_d_5.jpg

シートを貼った後、本体にケースを装着します。

ほとんど厚みが増していないため、外見からは普通のハードケースにしかみえません。

iphone4_avenue_d_6.jpg

少し気になるのが、カメラホールの部分で、iPhone 4本体とケースに隙間が開いていること。

ここからホコリなどが入り込む可能性があるので、定期的にケースを外して内部を掃除した方が

よさそうです。

iphone4_avenue_d_7.jpg

ケースを装着した状態で下からみたところ。

通常の薄型ハードケースよりも若干厚い程度で、ほとんど違和感がありません。

iphone4_avenue_d_8.jpg

以前レビューをした『ID Case』(右)との比較。わずかですが、『Card-in Jacket』( 左)が薄型化されているのが分かります。

全体的なクオリティは、『ID Case』の方が優れている印象です。

iphone4_avenue_d_9.jpg

このケースにJR東日本の「Suica」を入れて試したところ、JRの改札・売店・地下鉄(PASMO)などで、問題なく読み取ることができました(全てのカード・交通機関を試した訳ではなく、必ず使えることを保証するものではありません)。

個人的には、使い慣れた『ID Case for iPhone 4』が手に馴染んで使いやすいと感じますが、価格(アマゾン)を比べると、

と、エラー防止シートを付属している分、トータルのコストを抑えることができます。

薄さと価格を重視するならば、検討する価値がありそうです。

製品名 Card-in Jacket for iPhone 4
製造 avenue-d
ショップ アマゾン / 楽天
参考価格 3,480円 (税込)