ipad_bluetooth_keyboard_case_0.jpg

海外での発売をお伝えして反響の大きかった、Bluetoothキーボード内蔵iPad用ケース『Bluetooth Keyboard for iPad
』が、国内でも販売を開始していたので購入してみました。

iPadは、9.7インチの大画面を搭載し、ネットサーフィンや動画鑑賞・ゲーム・iWorkを快適に使えるのですが、ひとつ不満をあげるとすれば、やはりソフトキーボードによる入力ではないでしょうか。

タッチパネルのキーは物理的なフィードバックがないため、通常のキーボードと比べて効率が悪く、長文のメールやまとまった文章をタイプしようとするとストレスが溜まってきます。

その場合におすすめなのがBluetoothのワイヤレスキーボードですが、持ち歩く際にもうひとつ荷物が増えることになり、せっかくのiPadの携帯性を損ねてしまうことになります。

この『Bluetooth Keyboard for iPad
』は、ワイヤレス・キーボードをケースに内蔵することでiPadと一体化。iPadを、入力がしやすく持ち運びに優れたノートブックにしてくれます。

ipad_bluetooth_keyboard_case_1.jpg

パッケージには、キーボード内蔵ケース、それにキーボードのバッテリーを充電するためのUSB-miniUSBケーブルが含まれています。

ケースの素材はPUレザーと呼ばれる合成皮革。

ショップによっては「本革」と書いているところもありますが、革より軽量でメンテナンスも不要な素材を採用しています。

ipad_bluetooth_keyboard_case_2.jpg

ケースーのフタは、マグネットで留められており、開くとキーボードのパームレスとの役割も果たします。

ipad_bluetooth_keyboard_case_3.jpg

完全に開いた状態がこちら。

中央にキーボードが配置され、iPadは左にあるフレームに収納します。

ipad_bluetooth_keyboard_case_4.jpg

キーボードは、QWERTYの英語配列。

Mac・MacBookのキーボードに似た配列で、「command」キーもあります。入力の日本語・英語の切替えは、「スペース」+「command」で行います。

また、最上列のファンクションキーに、iPadをコントロールする機能が割り当てられおり、音楽の再生・停止、ボリュームの調節、ホームボタン、などをキーボードから操作できます。

ipad_bluetooth_keyboard_case_5.jpg

キーの素材はシリコンを採用。

その昔この素材のキーボードを使ったPCが相当使いにくかった記憶があるのですが、キートップには厚めのシリコン、キーの周囲には薄いシリコンが使われ、想像したよりも悪くない打ち心地です。

また、キー入力時のメカニカルな音が発生せず、会議やカフェ等でも周りに気兼ねなく使えそうです。

ipad_bluetooth_keyboard_case_6.jpg

キーボードへの充電は、付属のUSBケーブルを使います。その横にある小さなタブがパワースイッチです。

スペックによると、4時間で充電が完了し、連続で90時間の使用が可能。単純計算で、1日3時間なら1ヶ月分ですから十分な容量といえます。

もちろん、必要とあらば『mobile booster』などで充電するこも可能です。

Bluetoothのペアリングは、「connect」というボタンを押し、iPadの画面に表示される4桁のパスコードを入力すれば完了。

ipad_bluetooth_keyboard_case_7.jpg

iPadは、まずケースのヨコからスライドさせ、次に「ベロ」のような大きなタブでiPadを包むようにして曲げ、隙き間に入れて収納します。

側面のボタン・ケーブル類のアクセスには問題なく、ホームボタンと照度センサーの部分もきちんとくり抜かれています。

ipad_bluetooth_keyboard_case_8.jpg

折り畳んだ状態では厚さ約3cm。

重さは約590gで、iPad本体(Wi-Fi)と合わせると約1.27Kgとなります。

iPad本体と比べると重くて厚くなりますが、ケースとキーボードを兼ね備えていると思えば、妥当なところかもしれません。

ipad_bluetooth_keyboard_case_9.jpg

ケースのiPadの背面にあたる部分はスタンドの役割も果たしており、iPadを傾斜させて入力を行うことができます。

角度は若干調節できますが、キーボードが直付けされているため、下の写真よりもiPadを寝かすことはできません。

ipad_bluetooth_keyboard_case_10.jpg

しばらく触ってみて感じた最大のメリットは、キーボードがシッカリと固定されているため、安心して入力ができるという点です。

折り畳み式のキーボードなどは、自由に位置を変えられるものの、注意しないと少しずつ移動してしていくことがあり、この製品はその心配がありません。

レザ