apple_tv_ios_based_0.jpg

アップルが、「Apple TV
」向けのソフトウェア・アップデート「4.1」を公開しています。

iPad・iPhone・iPod touch向けの「iOS 4.2」のリリースにタイミングを合わせて公開されたもので、現行(第2世代)のApple TVとしては始めてのソフトウェア・アップデートとなります。

初代とは異なり、新しい『Apple TV
』はiPhone・iPadなどと同じ「iOS」をベースにしていることが知られており、今回のアップデートではバージョンが「4.0」から「4.1」へと変更されています。

apple_tv_ios41_1.jpg

「4.1」では、iOS 4.2のiPhone・iPadなどに保存されているコンテンツを、Mac/PCを介さずに直接Apple TVで再生できる「AirPlay」機能に、動画のストリーミングを追加。

また、音声でメニューを読み上げる「VoiceOver」にも対応しています。

apple_tv_ios41_7.jpg

Apple TVのソフトウェアアップデート

Apple TVでは、同じ「iOS」をベースとしているiPhoneなどとは異なり、Mac/PCに接続することなく、単体でソフトウェアのアップデートを適用することができます。

1. トップ画面から「設定」>「一般」へと進みます。

apple_tv_ios41_0.jpg

2. 「ソフトウエアをアップデート」を選択

apple_tv_ios41_3.jpg

3. アップデートが存在する場合は、下のような画面が表示されます。

「ダウンロードとインストール」をクリック。

apple_tv_ios41_4.jpg

アップデートのダウンロード後、インストールが自動で始まり、再起動を繰り返すため、何度か画面が暗くなります。

Wi-Fiを使った環境での所要時間は約7分半ほどでした。

同じOSを使うiPhoneなどに比べて短時間で済むのは、「Apple TV」がコンテンツをストリーミングで再生し、バックアップとそれを戻す作業・同期などが不要なためです。

apple_tv_ios41_5.jpg

アップデート後、「設定」>「一般」>「情報」で、バージョンの確認ができます。

apple_tv_ios41_6.jpg

Mac/PCを介さず、iPhone・iPadから直接テレビに写真や動画を再生できるのは、非常に便利な機能ではないでしょうか。

ひとつ残念なのは、カメラロールに保存した写真を直接表示できるにも関わらず、動画のストリーミング再生ができないという点。

このあたりは、次回のアップデートに期待したいところです。

【関連リンク】

レビュー:テレビでHD画質の映画・写真などを楽しめる『Apple TV』〜ハードウェア編

レビュー:テレビでHD画質の映画・写真などを楽しめる『Apple TV』〜ソフトウェア編