air_jacket_set_iphone4_0.jpg

パワーサポートから発売された薄型軽量のハードケース、『エアージャケットセット for iPhone 4
』を購入、試してみました。

パワーサポートは、高品質のiOSデバイス向けアクセサリーを製造・販売することで知られ、同社からiPhone 4用ケースが発売されるのを楽しみにしていたユーザーも少なくないはずです。

結論からいうと、他社よりも発売が遅れた分開発に時間をかけることができたのか、ユーザーの期待を裏切らないクオリティ・性能の製品に仕上がっています。

特徴をまとめると、

  • 精度・品質の高い造り込み
  • フラッシュの写り込みを防ぐフラッシュガード
  • 小さなキズが付きにくいセルフリペアコート
  • 光沢・アンチグレアの2枚の液晶保護シート

といったところでしょうか。

セット内容は、ケース本体、液晶保護シート(2タイプ)、フラッシュガードx2、クリーニングクロス、となります。

air_jacket_set_iphone4_1.jpg

これまでにも、同タイプの薄型・軽量のハードケースをいくつかレビューしていますが、この種のケースは「iPhone 4のデザインをなるべく損ねない」こと重視したもので、キズからの保護には効果あるものの、落下のような衝撃に対する保護性能には限界があるので注意が必要です。

ケース自体への小さなキズが付くのを防ぐ特殊なコーティング「セルフリペアコート」が施されており、しっとりとした手触りです。

air_jacket_set_iphone4_2.jpg

この製品の目玉のひとつが、カメラ用のホールに付ける「フラッシュガード」という部品。

iPhone 4から新しく追加されたフラッシュは、ケースの形状・色によっては光が反射して、写真に白っぽい影が映り込むことがあるようです。

黒い素材でフラッシュが反射しない形状をしたガードを取り付けることで、フラッシュ撮影時の失敗を減らすことができるとされています。

ガードは薄くてジャマにならないため、常に装着した状態で構わないと思います。万一の紛失しても予備が同梱されているので安心です。

air_jacket_set_iphone4_3.jpg

iPhone 4に装着したところ。

ケースではなく、もともとこのようなデザインだったのではないか、と錯覚しそうなほど存在を主張しません。

重さも約10gと軽量。

air_jacket_set_iphone4_4.jpg

手にとった瞬間に、同じタイプの製品に比べ、カドの出っぱりがなく持ちやすいことに気が付きます。

単にカドを丸めただけではなく、水滴が吸い付いているような独特のカーブをしており、それが手に心地よいのです。

金型の作成に、かなりの時間と労力を注いだことが伺えます。

air_jacket_set_iphone4_5.jpg

本体下にあるスピーカーとマイクに若干ケースが被っていますが、実用上の問題はありません。

おそらくカドから続くカーブ(R)をできる限り伸ばすことで、ドックコネクタ周囲のメタルバンドの保護を狙っているのではないでしょうか。

air_jacket_set_iphone4_6.jpg

そして、おそらく他のメーカーが真似のできない部分が、本体左側面のボタン類周囲の造り込みです。

通常はひとつに穴でまとめるボリュームボタンを、それぞれの独立させています。

ボタン・スイッチの周辺は緩やかなカーブを描いており、操作しやすく指に引っかかることがありません。

air_jacket_set_iphone4_7.jpg

液晶保護フィルムのメーカーとしても評価が高いだけあり、付属の2種類(クリスタル・アンチグレア)のフィルムもよくできています。

ただ、サラサラとした手触りのアンチグレア(艶消し)は、,iPhone 4のRetinaディスプレイがザラついてみえることがあり、好みが別れるところかもしれません。

先にアンチグレアを試し、気になるようならクリスタルに張り替える、というのがおすすめです。

他社より若干価格が上に設定されていますが、フラッシュガードや品質から考えると、今のところこれが薄型軽量ケースの本命といえるかもしれません。

製品名 エアージャケットセット for iPhone 4
販売 パワーサポート
ショップ アマゾン
/ 楽天

/ メーカー直販
価格 2,480円 (税込)