icon
icon
screen

Nikeから、センサー無しでランニング・ウォーキングの記録ができるiPhone・iPod touch向けのアプリ『Nike+ GPS
icon
』がリリースされています。

この『Nike+ GPS
icon
』では、その名の通りGSPを利用して距離・ペースを記録、また加速度センサーを使うことで屋内でのエクササイズにも対応しています。

iPhone 3GS・第2世代のiPod touch以降のモデルには、『Nike+』アプリが標準でインストールされていますが、利用するにはシューズ用のセンサー『
Nike+ iPod Sensor
』(レビューはこちら)を別途購入しなければなりません。

また、センサーは電池が切れたり、Nike製の対応シューズ、もしくは取り付けるためのケースを用意する必要があるなどの制約がありますが、このアプリではそのような煩わしさもありません。

アプリを起動すると、GPSによる位置情報の取得に関するプロンプトが表示されます。もちろん、ここでは「OK」を選択。

app_health_nikegps_1.jpg app_health_nikegps_2.jpg

Settings」で、単位・身長・体重の入力など、各種設定を行います。

またこれまでは、ワークアウトデータをnikeplus.com(要ユーザー登録)へのアップロードにiTunesを経由する必要がありましたが、「Automatic Sync」をオンにすることで、Ma/PCを介さず直接送信することができます。

app_health_nikegps_3.jpg app_health_nikegps_4.jpg

ワークアウトは、目標とする時間または距離を指定するか、もしくは好きなだけ続ける「Basic」を選択します。

音声によるペース・走行距離の案内がありますが、残念ながら現在のところ英語のみ。とはいうものの、数字を聴き取れれば使用に差し支えはありません。

右下の画像は、誤操作を防ぐロック中の画面。

app_health_nikegps_5.jpg app_health_nikegps_6.jpg

ワークアウトの終了後は、天候・気分・コースの種類、そしてコメントなどを残すことができます。

app_health_nikegps_7.jpg app_health_nikegps_8.jpg

走行中はGPSで現在位置を常時取得しており、地図でコースを確認することができます。

また、ペースがどのように変化したかをヒートマップのようにカラーで表示することができます。

app_health_nikegps_9.jpg app_health_nikegps_10.jpg

これらの情報は全てnikeplus.comの自分のアカウントに送信でき、コースの高低差など含む、より詳細な情報を確認することができます。

app_health_nikegps_11.jpg

精度は未確認ですが、屋内のワークアウトでも加速センサーを使って距離・ペースの測定が可能とされています。

有料ではあるものの、様々な制約があるセンサーを必要とせずに日々のランニング・ウォーキング記録できるので、試してみる価値はありそうです。

タイトル
Nike+ GPS
icon
カテゴリ App Store > 健康&フィットネス
開発 Nike, Inc.
対応機種 iPhone・iPod touch
価格 230円