exolife_iphone4_0.jpg

バッテリーを内蔵したiPhone 4向けの薄型ハードケース『EXOGEAR exolife
』を購入してみました。

海外のサイトから入手したものですが、国内でもすでに予約販売が開始されています。

特徴をまとめると、

  • 薄型でスタイリッシュ
  • わずか61gと軽量
  • バッテリー容量を1.8倍に増量

などがあります。

バッテリーを内蔵した本体と、半透明でリング状のバンパーの2つのピースに別れており(写真上)、iPhone 4を本体に装着したあと、バンパーをパチンとはめる構造になっています。

exolife_iphone4_1.jpg

本体のカラーはブラック・ホワイトの2色がラインナップされていますが、現在購入できるのはブラックのみ。

ホワイトは、iPhone 4のホワイト・モデルがリリースされてから発売されるようです。

exolife_iphone4_2.jpg

本体内部にあるドックコネクタにiPhone 4を挿して使用します。

繰り返しますが、リング状のバンパーを外した状態でiPhone 4を本体に取り付け、後からバンパーをはめる、という順序になります。

exolife_iphone4_3.jpg

実際に装着してみたところ。

バンパーを半透明にすることで、iPhone 4のトレードマークであるメタルバンドを上手く利用したデザインです。

パーツの精度が高く、ピタリとハマるのでガタつかず、装着後は一体感があります。

exolife_iphone4_4.jpg

カメラおよびフラッシュの周囲は大きめに開口しているので、撮影を妨げることはありません。

exolife_iphone4_5.jpg

スリープ・オン/オフボタンの周囲はくり抜かれているものの、バンパーの厚みのため、若干押しづらいかもしれません。

exolife_iphone4_6.jpg

仕様によると、バッテリーの容量は1,500mAh

満充電した状態で、完全に放電したiPhone 4を約80%まで充電することができ、より大きな1,600mAhの容量を持つ『MiLi Power Spring 4』(レビューはこちら)とほぼ同じ結果となりました。

バッテリーの残量は、本体下にあるパワーボタンを2秒間押すと、LEDで5段階に表示されます。

exolife_iphone4_7.jpg

バッテリーの充電は付属のUSBケーブルを使用します。

内蔵バッテリーの充電、iPhoneの充電と同期を1本のケーブルで行うことができます。

exolife_iphone4_8.jpg

先日レビューを掲載した『MiLi Power Spring 4
』(写真奥)と並べてみました。

exolife
』の厚さは14.9mm。『MiLi
』よりも3.1mmほど薄く、手にとるとその違いを感じることができます。また、重さも『exolife』が約61gと、14gほど軽量です。

MiLi
』が優れている点は、厚みのあるケースによってより耐衝撃性が期待できること、そして低価格なことでしょうか。

exolife_iphone4_9.jpg

iPhone 3G/3GS用も含めると、バッテリー内蔵のケースを数個試してきましたが、この『EXOGEAR exolife
』が最も薄く、そしてデザインが洗練されている、といっても過言ではありません。

iPhone 4のバッテリー容量に不安を覚えることが多い方は、検討してみる価値があると思います。

製品名 EXOGEAR exolife
メーカー EXOGEAR
サイズ・容量 62 x 129.5 x 14.9 (mm)、 1,500mAh
ショップ アマゾン
/ 楽天
参考価格 12,600円 (税込)