ios42_beta_00.jpg

アップルが、「iOS 4.2」のベータ版およびSDKを開発者向けに公開しています。[source: iLounge ]

11月に一般への公開が予定されているiOS 4.2は、

  • iPadへの対応
  • ワイヤレスでストリーミングを行う「AirPlay
  • ワイヤレスで印刷できる「AirPrint

などが含まれることが既に発表されていますが、ベータ版が開発者向けに公開されたことにより、そのスクリーンショットが多くのサイトで掲載されています。

iOS 4.2で最も注目されるのは、なんといってもiPadへの対応ということになります。

iPadの最新OSは3.2.2に留まっており、マルチタスクやフォルダーをはじめとした、iOS 4.xの機能を利用することができません。

ios42_beta_1.jpg

とくに、iOS 4.xに対応済みの他のiOSデバイスと併用していると、操作方法が異なるため、混乱を招く原因となっています。

ios42_beta_2.jpg

もちろん、iOS 4.1からサポートされている「Game Center」もiPadで使用可能になります。

ios42_beta_3.jpg

新しく追加される「AirPrint」機能では、iOSデバイスからWi-FIを使ってワイヤレスに印刷が行えます。

現在のところ一部のHP製プリンターのみ対応しているようですが、リリースまでにはサポート機種を拡充するのではないでしょうか。

ios42_beta_5.jpg

また、これまで発表されていなかった機能としては、「スクリーン回転ロック」スイッチ変更が挙げられます。

これまでハードウェアのスイッチで切換えていた「スクリーン回転ロック」を、ソフトウェアで制御する方法に変更。スイッチは今後、iPhoneと同じくミュートスイッチとして使われるようです。

ios42_beta_4.jpg

ベータ版のiOS・SDKは、開発者などによって検証され、リビジョンを重ねた後、一般への公開されます。