ipod_touch_4_fcc_teardown_0.jpg

米連邦通信委員会(FCC)が、第4世代iPod touchの分解写真を公開しています。[source: Engadget ]

昨日発表されたばかりの新iPod touch(第4世代)は、予約注文が開始されているものの、出荷されるまでに米国で約1週間、日本で約2〜3週間かかるようです。

未だ市場には出回ってないデバイスですが、その分解写真がFCCによって公開されています。

Wi-Fiの認可を受けるためにAppleが提出したiPod touchを分解・撮影したもので、内部・外部の画像が多数含まれています。

背面の画像には、iPodのロゴと第4世代の特徴であるカメラとマイクを確認できます。

認可を受けるための「FCマーク」が既に刻印されているのは順序が逆なような気もしますが、きっとそういうものなのでしょう。

ipod_touch_4_fcc_teardown_6.jpg

タッチパネルとディスプレイのアセンブリを開けたところ。

ipod_touch_4_fcc_teardown_1.jpg

本体側はシールドに包まれてほとんど何もみえませんが、ホームボタンとフロントカメラを確認することができます。

ipod_touch_4_fcc_teardown_2.jpg

シールドとメインボードを取り除くと、巨大なバッテリーが姿を見せます。

拡大してみると、容量は「3.7V 3.44 Whr」(約930mAh)ほどあるようです。

ipod_touch_4_fcc_teardown_3.jpg

こちらがメインボード。あまりの小ささに驚かされます。

ちなみに画像内の定規は、大きい目盛りがインチ、小さい方がセンチです。

ipod_touch_4_fcc_teardown_4.jpg

中央にあるのが「Apple A4」プロセッサー。アップルマークをなんとか読み取ることができます。

ipod_touch_4_fcc_teardown_5.jpg

新製品の分解写真公開といえばiFixit社が有名ですが、FCCがそのお株を奪う例が多くなってきました。

この他にも新iPod touchに関する画像・文書が多数公開されていますので、興味のある方は参照してみてください。

【リンク】 FCC資料 – Apple iPod touch 4th gen