ipod_touch4_release_0.jpg

アップルは、9月2日に開催されたスペシャル・イベントで、第4世代となる新しい『iPod touch』を発表しました。

iPod touchシリーズは、2007年の発売以降、毎年ハードウェアを更新していますが、今回はこれまでで最も大規模な変更といっても過言ではない内容となっています。

  • 前後2台のカメラ
  • Retinaディスプレイ
  • ジャイロ
  • Apple A4プロセッサー

など、多くの機能・性能アップが追加されています。

また、これらのハードウェアのスペックは、ほぼ事前に流れていた情報と、特にサプライズの要素はみられません。

筐体はこれまでどおり、バックパネルに鏡面仕上げのステンレスを採用。第3世代ではカーブを描いていた背面がフラットになり、第1世代に近い形状になっています。

また、厚さが8.5mmから7.2mmに、横幅が61.8mmから58.9mmへとスリム化されています。

細かな変更としては、Wi-Fiのアンテナ用の窓が無くなったこと、カメラ横にマイクを追加、スリープ・オン/オフボタンを移動、スピーカー窓の追加、などがあります。

2台のカメラでFaceTimeに対応

ipod_touch4_release_1.jpg

今回のアップデートをみると、全般的iPhone 4に追加された新機能の多くが、そのままiPod touchにも採用されていることが判ります。

そのひとつが、第3世代の頃から噂があった待望のカメラ機能です。

しかも、アップルが普及に力を入れているビデオチャット機能「FaceTime」に対応させるため、iPhone 4と同様に本体の前後にひとつずつ2台のカメラを配置しています。

FaceTimeは、Wi-FIネットワーク環境とApple IDおよびEメールアカウントで、第4世代iPod touch・iPhone 4との間でビデオ通話を行うことができます。

従来の4倍のピクセルを持つRetinaディスプレイ

ipod_touch4_release_2.jpg

ディスプレイには、iPhone 4に搭載されその美しさで話題となった「Retina ディスプレイ」が搭載されています。

高精細・高密度のピクセルは、人間の網膜(Retina)で識別ができないほどで、写真や文字に違いがはっきりと現れます。

これもまたiPhone 4との共通化のひとつと考えられ、現在はまだ数が少ないRetinaディスプレイ対応のアプリの普及を後押しする要因になりそうです。

ゲームのコントロール精度をアップするジャイロ

ipod_touch4_release_3.jpg

iPhone 4に新たに追加された「ジャイロスコープ」は、角速度・回転速度を感知し、加速度センサーと併せることで、ゲームなので必要とされるより精密なコントロールを可能にします。

iPhone以上にコストの制約が厳しいなかで、決して安くはないジャイロのパーツを組み込んだのは、iPod touchが携帯ゲーム機として他社のシェアを奪っていく上で必要と判断したからかもしれません。

ハイパワーと低消費電力を実現するA4プロッッサー

ipod_touch4_release_4.jpg

心臓部となるプロセッサーは、iPad・iPhone 4に内蔵されているカスタムチップ「Apple A4」が採用されています。

マルチタスクや動画の編集といった負荷の高い処理を可能にし、また低い消費電力で長時間を実現するプロセッサーです。

また、ゲーム機として利用されることが多いiPod touchにとっては、解像度が増したことによって処理が増えたグラフィクスをスムーズに表示するために重要となります。

応用範囲が広く、抜群のコストパフォーマンスを実現したデバイス

ipod_touch4_release_5.jpg

第4世代のiPod touchは、ハードウェアの性能が飛躍的にアップし、またカメラを搭載したことで、写真・動画・FaceTimeなど、その用途がかなり広がったということができます。

App Storeではカメラ系アプリというジャンルが確立しており、それらを楽しめるメリットは大きいのではないでしょうか

また、これだけの性能アップ・機能追加を行いつつも価格が据え置かれ、為替レートのお陰もあって、国内では前モデルよりも低価格になっています。(2009年の8GBは第2世代のハードを使って安くみせたもので例外)

 

第3世代
(2009年モデル)
第4世代
(2010年モデル)
iPod touch 8GB 19,800円 20,800円
IPod touch 32GB 29,800円 27,800円
iPod touch 64GB 39,800円 36,800円

 

通話・携帯通信を除けば、最新のスマートフォンであるiPhone 4とほぼ同じ性能を持つデバイスを、この価格で提供できるメーカーは他に無いのではないでしょうか。

アップルが携帯ゲーム市場でのシェアを拡大していく上で、かなり強力な武器となりそうです。

今回は即日発売は行われませんが、アップルのオンラインストアで予約注文することできます。

現在出荷は2〜3週間後となっていますが、予約順に出荷されるため、早めに予約をしておいた方がよいかもしれません。

【リンク】 Appleオンラインストア

また、アマゾンでも注文受付を開始しています。