実際にiPhone 4を入れてみたところ。

上下反対のように見えるかもしれませんが、首からぶら下げた際に見やすいのと、ケーブルの取り回しがしっくりとくるので、この方向に落ち着きました。

また、サイズに余裕があるため、iPhone・iPod touchシリーズはもちろん、ほとんどのiPodでも使用できると思います。

ケースに厚みがあるため、タッチパネルの操作性は若干落ちますが、使用に耐えないほどでは有りません。

tunewear_waterwear_v2_6.jpg

こちらが裏面。付属の防水ヘッドフォンを装着してみました。

ケースの素材が透明なため、そのまま写真や動画の撮影をすることができます。

フラッシュの使用はケース内で反射してしまうため、さすがに無理なようです。

tunewear_waterwear_v2_7.jpg

使ってみて気付いたのですが、空気を多めにいれて密封すると浮力でiPhoneを入れても沈みません。これなら万一水中に落とした場合でも、回収がしやすいかもしれません。

【注】 このケースは完全な防水を謳ったものではなく、あくまで水回りでの湿気や雨などからデバイスを守るのが目的なので、このような使用はおすすめしません。

tunewear_waterwear_v2_8.jpg

付属のイヤフォンの音質は特筆すべき点はありませんが、耳が濡れた状態での使用はあまり心地よいものではありませんでした。

お風呂などでiPhone・iPod touchを音楽を聴くのであれば、以前レビューをした防水スピーカー(写真奥)を併用するという方法もあります。

【レビュー】お風呂でiPhoneの音楽が聴けて通話もできるBluetoothワイヤレス・スピーカー『ASP-BT15N』

tunewear_waterwear_v2_9.jpg

湿気に弱いガジェット類は本来水回りを避けて使用すべきですが、常に持ち歩く携帯の場合はやむを得ない状況もあると思います。

このような専用ケースを利用することで、水濡れ・故障の心配を減らすことができそうです。

製品名 WATERWEAR v2
販売 フォーカルポイント
コンピュータ
ショップ アマゾン
/
楽天


/ フォーカルストア
価格 2,980円 (税込)