ipad_nano_fake_6.jpg

すみません。本物の小型版のiPadではなく、それっぽく見える写真を撮ってみただけです。種明かしはこちら。

実は手前に見えるイヤフォンは本物ではなく、iPod用イヤフォンを巨大化したようなデザインの『Earphone Speaker Keychain 』(1,344円で購入)というスピーカーです。

写真に写っているiPadは本物ですが、イヤフォン型スピーカーと並べると小さくみえてしまいます。

ipad_nano_fake_1.jpg

オリジナルのイヤフォンのサイズの比較。測ってみると、ちょうど2倍の大きさで作られていました。

スピーカーは1個ずつ販売されていますが、説得力が増すような気がして2つ揃えてみました。

ipad_nano_fake_7.jpg

金属製のリングがついているので、キーチェーンとして使うこともできます。

グレーの部分を引っ張ると、3.5mmのミニプラグが現れます。

ipad_nano_fake_2.jpg

iPhone 4に挿してみたところ。

モノラルですし、音質・音量も内蔵スピーカーとさして変わらず、実用性よりもネタとして価値の方が高い製品かもしれません。

ipad_nano_fake_3.jpg

USBドックケーブルを下に通すなどの小細工をして、iPadのバックパネル側を撮影してみました。

ipad_nano_fake_4.jpg

iPhone nano」の画像も撮ってみました。

小さ過ぎて操作が難しそうです。

ipad_nano_fake_5.jpg

実はこのネタは来年のエイプリルフール向けにとっておいたものですが、小型のiPadが発表されるとの噂もあり、台無しになる可能性があったので掲載することにしました。

冗談はこれくらいにして通常の更新へ戻ることにします。