icon
icon
screenshot

かつては生物の授業で必ず行われていた「解剖」が、最近では取り入れる学校が減っているそうです

教育上の価値があるものの、残酷だという考えもあり、意見が分かれることも背景にあるのかもしれません。

このiPad用のアプリ『Frog Dissection
icon
』は、カエルの解剖をシミュレートしたもので、命を犠牲にすることなく、その手順や体の構造を学習することができます。

【注意】以下、解剖中の画像や動画がありますので、苦手な方はご注意ください。

実際の解剖では、カエルの調達などの準備から、終わってからの後処理まで、かなりの時間とコストを必要とします。

当然ながら、このアプリでは、クロロホルムで麻酔をかけたカエルから、ハサミ、メスなどが全て揃っており、アプリを起動すればすぐに解剖に取りかかることができます。

app_edu_frog_1.jpg

実験に使われるカエルは写真ではなくイラストですが、なかなかリアルに描かれています。画面はタテ・ヨコどちらのレイアウトにも対応。

画面横にある手順(残念ながら英語のみ)に従い、道具を使って解剖を進めていきます。

すでにカエルが仰向けに横たわっているので、「TOOLS」からピンを選択し、手足を4箇所固定します。

app_edu_frog_2.jpg

次にマーカーを使って、切開するラインの下書きをします。

点線でガイドが表示されるので、それをなぞるだけの作業です。

app_edu_frog_3.jpg

ハサミを選択し、マーカーのラインに沿って切っていきます。

次にピンセットを使って表皮をめくります。

app_edu_frog_4.jpg

手順に従って進んでいくと、最終的に内蔵が開いた状態になります。スクリーンショットを観たい方は、下の画像リンクをクリックしてください。

画像1】 【画像2

内蔵の器官をタップすると、説明とクローズアップされたイラストが表示されます。

イラストは3Dで、指で左右にフリックすると回転させることができます。

app_edu_frog_7.jpg

こちらがデモの動画。実際の動きがお分かり頂けると思います。

アプリの開発には専門家が加わっており、実際の解剖手順をできる限り忠実に再現しているようです。

実物のカエルの代替えとして、また解剖前の練習として利用することができそうです。

このような教材として使えるアプリが増えてくると、iPadの教育現場へと普及が進むかもしれません。

タイトル
Frog Dissection
icon
カテゴリ App Store > 教育
開発 Emantras Inc
対応機種 iPad
価格 350 円