sls_amg_0.jpg

メルセデス・ベンツが、羽田空港にiPhone・iPad向けのアプリと連携した「SLS AMG」のショーケースを展示しています。

SLS AMG」は先月発売されたばかりのスポーツカーで、最大の特徴であるガルウイングを開いた状態で展示されています。

価格が2,430万円という高級なモデルのため、ショウケースはガラスで完全に囲まれていますが、iPhone・iPadのユーザーは、無料で公開されているアプリをインストールすることで、車内に設置されたカメラを操作するなど、インタラクティブに鑑賞することができます。

sls_amg_1.jpg

ショーケースのインタラクティブ機能を使うには、あらかじめApp Storeで『SLS AMG JP
icon
』をインストールしておきます。

サイズが約4.3MBとコンパクトなため、その場で3G回線を使ってダウンロードすることもできます。

次に「設定」を開き、ショーケースに設置されている専用のWi-Fiホットスポット「SLS AMG JP」に接続します。

sls_amg_7.jpg

ショウケースの中には4台のカメラが設置されており、アプリの中からカメラを操作。様々な角度から画像をリアルタイムで見ることができます。

sls_amg_3.jpg

フロント上方に設置されたカメラからの映像。

カメラは自由に切り替えることが可能で、またシャッターボタンを押すと画像をカメラロールに保存できます。

sls_amg_5.jpg

カメラは車内にも設置され、ドライバー目線の映像を見ることができます。

目の前を歩いているひとや、自分自身がフロントガラス越しに見えるので、少し不思議な感覚を覚えます。

また、複数のユーザーが同時に接続することを想定し、順番待ちの機能もあります。

sls_amg_4.jpg

車を全方向から眺めることができる3D表示は、カーメーカーのWebサイトなどではおなじみですが、目の前にあるリアルな車に対しインタラクティブに操作・鑑賞できるというのは、斬新な試みではないでしょうか。

この展示は羽田空港第2ターミナルB1で、7月31日まで体験することができます。