apple_iphone4_dock_0.jpg

iPhone 4を挿して充電・同期ができるアップル純正のアクセサリー『Apple iPhone 4 Dock』を購入してみました。

iPhone 4の充電・同期は本体に付属しているUSBケーブルで行いますが、毎回挿したり抜いたりするのが面倒に感じることもあります。

この『Apple iPhone 4 Dock』を使うと、

  • 置くだけで充電・同期ができる
  • タテに置くのでデスク上の場所をとらない
  • スピーカーフォン・FaceTImeのスタンドになる

といったメリットがあります。

iPhone 4のように長方形のカドを丸めた形状で、iPhone 4がピッタリと収まるくぼみにDockコネクタが配置されています。

iPhone 4専用に作られているため、他のiPhone・iPod touchでは利用できません。

また、隙間が全くといってよいほどないため、『Apple iPhone 4 Bumper』(レビュー)を含むほとんどのケース類との併用はできないと思われます。

apple_iphone4_dock_1.jpg

Dockコネクタの両脇には、iPhone 4のマイク・スピーカーを塞がないように穴が設けられており、使用中にサウンドの再生やスピーカーフォンの利用が可能です。

apple_iphone4_dock_2.jpg

裏面はアップルマークの入ったラバー製で、滑り止めおよびデスクへのキズを防いでくれます。

スピーカー・マイクの穴は、手前に見えるスリットに繋がっています。

apple_iphone4_dock_3.jpg

裏側にあるDockコネクタに、iPhone 4に同梱されているUSBケーブルを挿して使用します。このアクセサリーにはケーブルが付属してません。

左横に見えるポートはオーディオ出力用で、スピーカーやオーディオセットへ接続することで、iPhone 4の音楽を再生することができます。

apple_iphone4_dock_4.jpg

iPhone 4を挿してみたところ。

置いた状態で画面の確認などがしやすいよう、わずかに後ろに傾いています。

『appledock』がそれなりに重さがあるため安定感があり、軽く画面タッチする程度であれば置いたままで操作することができます。

apple_iphone4_dock_5.jpg

真横からみたところ。

アップル純正のアクセサリーなだけあり、デザインがマッチして美しいことは間違いありません。

apple_iphone4_dock_6.jpg

ケース類との併用ができないため、iPhone 4をそのまま使うひと向きのアクセサリーといえます。

また、置く方向がタテ方向に限定されるので、iPhone 4でよく動画を観る方は、タテ・ヨコどちらでも使える『iStand
』(レビュー)のようなスタンドの方がよいかもしれません。

それらを踏まえた上で、デスク上のスペースを節約しつつ、スマートに同期・充電をしたい方は、検討してみる価値があると思います。

【リンク 】これまでのiPhone 4対応アクセサリーのレビューはこちら。

製品名 Apple iPhone 4 Dock
販売 アップル
価格 2,800円 (税込)