wwdc_2010_photo_20.jpg

スティーブ・ジョブスによる「iPhone 4」発表で幕を開け、1週間に渡って続いた「WWDC 2010」の模様を写真で振り返りたいと思います。

サンフランシスコに到着した参加者は、まず会場「Moscone West」の1Fでバッジを受け取ります。

この場でWWDC関連グッズを配布するのが恒例となっており、今年は胸に「WWDC」、背中に「10」と書かれたジャケットが配られました。

wwdc_2010_photo_0.jpg

基調講演を観るために、熱心な参加者は前日夜から会場前で列をつくります。多くの人は午前5時前後から並び始めたようです。

今年は久しぶりにスティーブ・ジョブスが登壇するとあって、例年よりも早く列が伸びていました。

wwdc_2010_photo_1.jpg

基調講演の内容は公開されている動画を観て頂くのが一番ですが、新製品発表への期待とスティーブのスピーチを生で聴きたいという2千人以上の聴衆によって熱気に包まれた会場の雰囲気は、その場に居合わせた者だけが体験できることかもしれません。

wwdc_2010_photo_2.jpg

iPhone 4が事前にリークした件を冗談にし、また、デモ中に起きた問題にも臨機応変に対応。

かつてのような、「迫力」と「鋭さ」は影を潜め、柔らかなトーンで話していたのが印象的でした。

wwdc_2010_photo_3.jpg

iPhone 4およびiOS 4の機能を自信たっぷりにプレゼンし、最後にそれらを実現したスタッフをねぎらう気遣いを忘れません。

人を惹きつけるスピーチと濃い内容とで、2時間の講演が20分に感じられるほど、あっという間に時間が過ぎていきました。

wwdc_2010_photo_4.jpg

基調講演が終わると、開発者向けのセッション・ラボが開始されます。

Mac OSおよびiOSを中心とした幅広い内容の講義・ハンズオンのクラスが多数用意され、自分の興味があるものに参加することができます。

wwdc_2010_photo_5.jpg

会場の空きスペースに設けられた休憩スペース。

セッション・ラボの合間にコーディングをする開発者や、時差ボケや疲労からか昼寝をするひともみられました。

wwdc_2010_photo_6.jpg

開催期間中は、参加者にランチが用意されています。

ハム・チーズなどをはさんだサンドイッチが中心で、かなりのボリュームがありますが、味やバラエティの少なさで、日本からの参加者の間では評判があまり良くなかったようです。

wwdc_2010_photo_7.jpg

会場の各所にドリンク、コーヒーなどが置かれ、自由に飲めるようになっています。

5,000人を超える参加者がいるため、自販機などでは対応できず、嬉しいサービスといえます。

wwdc_2010_photo_8.jpg

スナックタイムにはフルーツやお菓子なども用意。

長丁場を乗り切るための栄養を補給できます。

wwdc_2010_photo_9.jpg

昨年に引き続き、会場内に設置されたApp Storeのインスタレーション。

アプリがダウンロードされると、そのアイコンが上から降ってくるというもので、30台のMac Proが使われているそうです。

wwdc_2010_photo_10.jpg

WWDCのハイライトのひとつでもある「Apple Design Award」。

優秀なアプリに対して開発者に贈られる賞で、名誉であるとともに、開発者のモチベーションアップにも繋がることでしょう。

受賞作品はこちら。

【リンク】 「Apple Design Award 2010」の受賞者が決定

wwdc_2010_photo_11.jpg

すべての受賞作品は解説と簡単なデモがおこなわれます。

開発者は壇上でトロフィーである「キューブ」を受け取ります。

wwdc_2010_photo_12.jpg

米国ではiPadの発売から2ヶ月が経過していますが、会場近くのApple Storeでは、展示されているiPadに人が絶えない状態でした。

wwdc_2010_photo_13.jpg

WWDCの為に用意したのか不明ですが、街のいたるところにiPadの広告をみつけることができました。

wwdc_2010_photo_14.jpg

木曜の夜には会場近くで、「Beer Bash」という打上げのようなパーティーが開催されます。

簡単な食事とアルコール・ソフトドリンクが無料。

wwdc_2010_photo_15.jpg

バンドによるライブもあり、徐々に盛り上がっているようでした。

wwdc_2010_photo_16.jpg

翌日、WWDCの会場から車で1時間程の、アップル本社(クパティーノ)に向かってみました(場所はこちら)。

wwdc_2010_photo_17.jpg

ビジター用のバーキングスペースを歩いていると、障害者用のスペースにナンバープレートの無い、ナゾの車が駐車されていました。

噂に聞くスティーブ・ジョブスの愛車のようですが、実物にお目にかかれるとは思いませんでした。

wwdc_2010_photo_18.jpg

最後に「カンパニーストア」でお土産を購入。

ここでしか売られていない限定品もあるようなので、近くに行く機会があれば訪れてみてもよいかもしれません。

wwdc_2010_photo_19.jpg

読者プレゼント

日頃応援頂いている読者の皆様に、ささやかながらお土産(写真上)を用意しました。

  1. マグカップ + T-シャツ(水色・女性用Mサイズ) + ロゴ入りキーホルダー
  2. 水筒 + パーカー(白・女性用Sサイズ) + ロゴ入りキーホルダー
  3. WWDC10ジャケット(非売品・男性用サイズM) + ロゴ入りキーホルダー

応募方法:いづれかを選んで、Twitter@touch_lab をフォローし、@touch_lab 宛に以下のようにツイートしてください。

例) WWDC土産2希望

締切:2010年6月18日(金) 24:00

抽選:
厳正なる抽選を行い、当選者をTwitter上で発表。 @touch_lab
から当選者にご連絡し、住所等の確認後に発送致します。