キーボードとDockがひとつになったアップル純正のアクセサリー『Apple iPad Keyboard Dock』を購入してみました。

iPadは画面上に表示されるバーチャル・キーボードで文字入力が可能ですが、物理的なフィードバックがないため、たとえ慣れたとしても本物のキーボードに比べて打ちづらいと感じるに違いありません。

この『Apple iPad Keyboard Dock』は、アルミ製のキーボードと別のiPad用のアクセサリー『iPad Dock』(レビュー)とをひとつにまとめたようなアクセサリーで、

  • キー入力の効率をアップ
  • iPadの充電台として使用
  • スライドショーや時計アプリ用のスタンドとして利用

といったメリット・利用法があります。

今回購入したものは米国で販売されているもので、JIS配列を採用した国内のモデルとは異なりますが、キートップを除くデザインおよび基本的な機能はおそらく変わらないと思います。

ipad_dock_keyboard_1.jpg

Dockの部分は『iPad Dock』とほぼ同じ形状ですが、iPadを支える部分が長くなっています。また、重量は約605g(実測値)あり、安定感が向上しています。

キーボードのサイズは『Apple Keyboard』と同じサイズでした。

ipad_dock_keyboard_2.jpg

キーボードの最上段にはiPad専用のファンクションキーが並んでいます。左から、

  • ホームボタン: iPadのホームボタンと同じ動作
  • スポットライト: 検索画面へ遷移
  • 画面の明るさ(ダウン)
  • 画面の明るさ(アップ)
  • ピクチャーフレーム
  • バーチャル・キーボードのオン/オフ

と並び、iPodのコントロール、音量調節、画面のロック、と続きます。

これらのファンクションキーによって、画面上で操作するためにキーボードから手を離す回数を減らす効果が期待できそうです。

ipad_dock_keyboard_6.jpg

キーボードはわずか傾斜しており、左右の上端は浮いた状態になっていますが、ガタつくようなことはありません。

Dockの後ろの部分に、充電およびオーディオの出力端子が配置されています。

ipad_dock_keyboard_3.jpg

設置面積がキーボードとほとんど変わらず、PC/Macを置く余裕のない場所でもデスクトップのように使うことができます。

集中して文章を書いたり、メールを打つ、という用途にはこれで十分かもしれません。

注意したいのは、『iPad Dock』と同様に、ケース類と併用することができない点です。ケースを常用する方は、着脱の手間がかかり、実用的ではないかもしれません。

ipad_dock_keyboard_4.jpg

横からみたところ。

キーボード、iPadの薄さ・美しさを堪能できる角度です。

この組み合わせでスリープにした状態は、樹脂部分が白、液晶が黒、それにアルミの3色でまとめれ、インテリアとしても通用しそうなほどです。

ipad_dock_keyboard_5.jpg

上で触れたように重量が約605gもあるため、携帯するには重すぎるアクセサリーといえます。

購入する前は、正直どのような用途を想定しているのかイメージできなかったのですが、実際に使ってみると、あると便利かもしれないと思うようになりました。

例えばiPadをリビングに置いて家族で共有する場合など、これがあればメールを打つのも苦ではなくなります。(現状はユーザー毎にログインさせることはできず、プライバシーの問題は残りますが)

iPadは、携帯でもなくノートブックでもない、新しいジャンルのデバイスであり、このアクセサリーはこれまでにない使い方を提案しているのかもしれません。

 

製品名 Apple iPad Keyboard Dock
販売 アップル
価格 6,980円 (税込)