sony_ericsson_mw600_0.jpg

ソニーエリクソンから発売された、ワイヤレスレシーバー『MW600』を購入してみました。

BluetoothでiPhone・iPod touch(第2世代以降)・iPadとワイヤレスで接続し、ステレオで音楽を楽しむことができ、iPhoneの場合は内蔵のマイクで通話にも対応しています。

sony_ericsson_mw600_1.jpg

先進の機能が満載のハイグレード・モデル

これまでソニーおよびソニーエリクソン製のBluetoothオーディオレシーバーをいくつが購入してきましたが、この『MW600』が機能・性能ともに最もハイグレードなモデルということができます。

特徴を挙げると、

  • 着信時に発信者の電話番号・氏名を表示
  • 3台まで登録可能なマルチペアリング対応
  • タッチコントロールによるボリューム・メニュー選択
  • 待ち受け:約500時間、音楽約8.5時間の省電力設計
  • 軽量コンパクト

などがあります。

パッケージの内容は、ACアダプタ(micro USB)、密閉型インナーイヤーヘッドホン、3サイズのイヤーチップ、レシーバー本体となります。

micro USBは、mini USBに比べて汎用性が低いようにも思われますが、端子が小さいためゴム製のフタを用意する必要がなく、耐久性および充電時の利便性では優れていると言えます。

sony_ericsson_mw600_2.jpg

有機ELディスプレイを搭載し、電力消費を抑えつつ、メニュー・音量・その他情報を映しだします。

また、12×125ドットの限られた解像度で日本語にも対応。発信者名を漢字で表示します。

下はペアリング中の画面。

sony_ericsson_mw600_3.jpg

本体は単三乾電池をタテ方向に少し長くした位のサイズ。重さは約13gと軽量でコンパクトです。

断面は角をまるめた三角形をしており、衣類などへはさむためのクリップが付属しています。

側面に、曲送り・戻し、再生・停止ボタンが並んでいます。

sony_ericsson_mw600_4.jpg

本体の上面には3.5mmのステレオミニジャックを配置(写真左)。

付属のインイヤーヘッドフォンはもちろん、好みのヘッドフォンを使用することができます。

底面には充電用のmicro USB端子と電源ボタンがあります(写真右)。

sony_ericsson_mw600_5.jpg

ボリュームはタッチパネルで操作

もう一方の側面には、このモデルの特徴のひとつでもある、「タッチコントロールセンサー」があります。

プラスとマイナスが刻印されたセンサー部分はボタンのように押すことはできず、指をスライドさせることで音量やメニューのアイテムの選択を行います。

sony_ericsson_mw600_6.jpg

音量調節をする際、ボタン式のように複数回押す必要がないのは便利ですが、画面を見ずに手探りだけで操作ができるようになるには、慣れが必要と思われます。

付属のインイヤーヘッドフォンの音質は思いのほか高く、力強い中低音を出しつつ、高音がこもることなくバランスが取れている印象です。

sony_ericsson_mw600_7.jpg

発信者の番号・名前の表示に対応

MW600』の機能の中で、最も便利な機能をひとつ挙げるとしたら、発信者番号・名前の表示かもしれません。

iPhoneに着信があるとまず電話番号が表示され、その番号が「連絡先」に登録されている場合は、氏名と属性(Mobile, Homeなど)が表示されます。

電話に出る前に相手が分ると心構えができますし、また、登録していない相手からの電話の場合は、あえて留守電に返答させるという使い分けもできます。

以前レビューをした『SONY DRC-BT60』は電話番号表示にのみ対応していたので、大きな進歩ではないでしょうか。

sony_ericsson_mw600_8.jpg

このモデルは聞いている音楽の曲名を表示する機能にも対応していますが、電話・オーディオ機器側がAVRCP Ver.1.3に対応している必要があり、iPhone・iPod touch・iPadでは動作しませんでした。

FMラジオの受信機能

上級モデルなだけあり、これまで紹介した他にも様々な機能が搭載されています。

FMラジオ機能では、ヘッドフォンをアンテナとしてFM波を受信。FM放送を楽しむことができます。

radiko.jp
icon
』によってiPhoneでラジオを楽しむことができるようになりましたが、レシーバー単体で聴くことができれば、バッテリーの節約にもなります。

また、3台までの機器が登録可能なマルチペアリングに対応し、複数のデバイスを切換えて使用することができます。

sony_ericsson_mw600_9.jpg

お買い得なハイエンドBluetoothレシーバー

4〜5,000円程度から購入が可能なBluetoothレシーバーの中では高級なモデルですが、最新の機能の多くの網羅しており、コストパフォーマンスは高いと思います。

【追記】ホワイトモデルが追加されました。『MW600/W

製品名 MW600
メーカー Sony Ericsson
対応規格 Ver.2.1+EDR(最大通信距
離:約10m)
充電・使用時間 充電約2.0、通話・ラジオ最大約11.0、音楽約8.5、待受最大500(時間)
サイズ・重量 17.5 x 15.0 x 62.0
(mm) 約13g
対応プロファイル A2DP、AVRCP、
HSP、HFP
対応機種 iPhone 4, iPhone
3GS・3G, iPod touch (第2世代以降), iPad
オンラインショップ Amazon
/
楽天

参考価格 7,800 円