os4_bluetooth_keyboard_0.jpg

今年夏のリリースが発表された「iPhone OS 4.0」では、新たにBluetoothキーボードのサポートを追加。外部キーボードの接続により、iPhone・iPod touchでのテキスト入力環境が格段に改善されそうです。

物理的なキーボードがなく、入力を全てタッチパネルで行うことはPhone・iPod touchの大きな特徴ですが、指へのフィードバックがない小さなバーチャルキーでは入力に限界があり、長文のメールや文章の作成には適しているとは言い難い状況でした。

今回、iPhone OS 4.0 プレビュー・イベントで、Bluetooth キーボードのサポートが正式に発表され、ついに外部キーボードの利用が可能になります。

os4_bluetooth_keyboard_2.jpg

詳細は明らかになっていませんが、4月3日に米国で先行発売されているiPadではBluetoothの「HIDプロファイル」に対応し、純正の『Apple Wireless Keyboard
』はもちろん、サードパーティー製のワイヤレスキーボードも使用できるようです。

おそらくiPhone OS 4.0でも同じ仕様になるのではないでしょうか。

こちらは、折りたたみ式のBluetoothキーボードでiPadを利用しているデモ動画です。

iPhone・iPod touchでの利用については、iPhone OS 4.0リリース後に検証を行う必要がありますが、フルサイズから小型軽量のものまで、用途にあったものを選択できることは朗報ではないでしょうか。

140文字以内というTwitterに代表されるように、世の中のトレンドは短いテキストをよりタイムリーに発信することが多くなっていますが、テキスト入力に特化した『KINGJIM ポメラ』がヒットするなど、モバイル環境での執筆・文章作成のニーズも已然としてあるようです。

os4_bluetooth_keyboard_3.jpg

iPhone OS 4.0が公開される夏以降は、iPhoneとポケットサイズのBluetoothキーボードでどこでも執筆、というスタイルが流行するかもしれません。