engadget_ipad_image_1.jpg

アップルのタブレット型モデルの発表まであと10時間を切りましたが、ここにきて非常にリアルな画像がEngadgetに掲載されています。[soruce: Engadget]

発表が待たれるタブレット型モデルかどうかの真偽については確認出来ていないとしていますが、画面周囲のボルトなどから、プロトタイプである可能性があります。

iPhone・iPod touch版の「マップ」にあたると思われるアプリを起動している画像で、画面トップには”No Service”の文字とWi-Fiのアイコン、時刻が表示されているのが読み取れます。

engadget_ipad_image_0.jpg

文字の大きさからすると、画面の大きさはやはり10インチ程度でしょうか。

ホームボタンの位置からすると、iPhone・iPod touchと同様に主にタテ方向で使うことを前提としているのかもしれません。

写真でははっきりと写っていませんが、本体上部にカメラがあるようにも見えます。

Engadgetでは、これらの画像とは別に、

  • MacBookのようなアルミ製のバックパネル
  • 価格はベライゾン回線契約ありで$800、なしで$1,000
  • 発売は3月

という情報も掲載しています。

画像の信憑性は高いように思われますが、やはり発表されるまでは確かなことは分かりません。イベントで実物が公開されるのを楽しみに待ちたいと思います。