apple_japan_ipad_0.jpg

アップルが、昨日発表された『iPad』の日本語サイトを公開。国内での発売は、Wi-Fiのみのモデルが3月末、Wi-Fi+3Gのモデルが4月と明記されています。[source: Apple (Japan)]

Wi-Fiモデルについては、発表イベントで60日後に世界同時発売と名言されていましたが、Wi-Fi+3Gモデルは(おそらく米国内限定で)90日後と言及するにとどまり、日本国内での販売時期についてははっきりとした情報がありませんでした。

3G登載モデルの購入を予定しているひとにとっては、Wi-Fiモデル発売後の『待ち』の期間が最大でも1ヶ月程度と比較的短期間になったことは朗報かもしれません。

現在のところ、日本語サイトでは発売時期を除くと新しい情報はなく、肝心の価格においてもドルの表記のままです。

しかしながら、昨年秋のiPodからアップルが価格設定に利用するレートが「1ドル=100円」となっているので、$499のモデルで49,800円程度となることが予想されます。

apple_japan_ipad_1.png

3Gネットワークを提供するキャリアについても明らかにされていません。認可の問題があるにしても、3Gモデルの発売時期を4月と明記しているのですから、あえて伏せる理由もないように思われます。

昨日の発表では、「iPad」での3Gネットワークの利用はプリペイド方式で月単位で購入が可能、と説明されていたので、長期契約や違約金による「縛り」を気にする必要はないようです。

3G登載モデルはプラス130ドルとなりますが、必要な時だけ購入できること、後から付け足すことができないことを考えると、Wi-Fiモデルよりも人気がでるかもしれません。

公開された日本後のサイトでは、注文が可能になった際に通知を受け取るためのページがあります。いちはやく入手したい方は、登録してみてはいかがでしょうか。

apple_japan_ipad_2.jpg

【リンク】 Apple iPad – 通知をうける