faster_gmail_0.jpg

Googleが、iPhoneなどのスマートフォンに向けたWebアプリ版の「Gmail」のパフォーマンスを改善。従来と比較して2〜3倍以上高速化したと発表しています。[source: Google Mobile Blog

今年の4月より行ってきた様々な改良・最適化によるもので、上のグラフは今年4月と12月時点での接続速度を比較したものです(iPhone 3G+EDGE回線を使用)。

現在のところ最新のバージョンは英語環境のみ対応しているようですが、PC版のGmailで「設定」>「Gmailの表示言語」を”English“に変更すると試すことができます。

最近Webアプリ版を使っていなかったという方は、新しいGmailの進化に驚くかもしれません。

faster_gmail_1.jpg faster_gmail_2.jpgfaster_gmail_3.jpg faster_gmail_4.jpg

現在モバイルアプリケーションは、iPhone OSやAndroidなどのネイティブアプリケーションが主役となっていますが、Webアプリケーションは

  • プラットフォームに依存しない
  • 即時にリリースできる

といったメリットがあり、HTML5によってリッチなUIが可能になることも合わせて、今後より重要度が増していくことになりそうです。