case_mate_id_case_0.jpg

カードを収納するスペースの付いたiPhone用ハードケース『Case Mare アイ・ディ ケース』を購入、試してみました。

クレジットカードサイズのカードを2枚収納できるスペースがあり、FeliCaなどの非接触ICカードを入れることで、iPhoneをおサイフケータイのように使うことができます。

case_mate_id_case_1.jpg

パッケージには、(左から)ケース本体・液晶保護フィルム・クリーニングクロス・本体保護シート、が含まれています。

近頃はこのように色々と「おまけ」が付いてくるものが多くなりましたが、別売りにして価格を抑えてくれた方が嬉しいと思うのは私だけでしょうか。

case_mate_id_case_2.jpg

ケース本体は薄くて重さ約11gと軽量。表面はマット(ツヤ消し)加工がされており、滑りにくく指紋が目立ちません。

カードはスリットから出し入れするようになっていますが、収納部分は袋状になっておらず、カードが直接iPhoneの背面に触れる構造をしています。

そのため、iPhoneの背面に貼る「本体保護シート」が同梱されており、カードの出し入れによるキズを防ぐようになっています。

case_mate_id_case_3.jpg

ホワイトのiPhone 3GSに装着したところ。ケースの弾力を使ってピッタリとはまり、他のケースと比べてもフィット感が高い印象を受けます。

カード収納部分が数ミリ盛り上がっていますが、それほど厚みを感じません。むしろ手に持った時のホールド感はケース無しよりも良いと思います。

カードの出し入れは上のスリットから行います。

case_mate_id_case_4.jpg

カードを出す際に指で押すことができるように、下の部分に切り込みがあります。

ドックコネクタ・スピーカー・マイクの部分は大きく開口しており、直挿しタイプの外部バッテリーなどが干渉することも少ないと思います。

case_mate_id_case_5.jpg

マナー・音量ボタンの周囲はキレイに切り抜かれ、操作の妨げになりません。カメラのホールの位置も正確です。

今までいくつものケース類を購入・試してきましたが、このケースのクオリティーはトップレベルといっても過言ではないと思います。

case_mate_id_case_6.jpgcase_mate_id_case_7.jpg

カードを収納する部分を上からみたところです。ポケットの厚みをイメージできるでしょうか。

iPhoneの背面は湾曲しているため、カードが”わずかに”曲がった状態で収納されます。

case_mate_id_case_8.jpg

標準的なクレジットカード・電子マネーICカードであれば、2枚重ねて収納することができますが、ICカードを2枚重ねると読み取りエラーの原因になる場合があるようです。

case_mate_id_case_9.jpg

ブラックのiPhone 3Gに装着、JR東日本のスイカを入れたところ。

上に書いたように、カードの”曲げ”の力がかかっているため、1枚のみ収納しても勝手に抜け落ちる心配ないようです。

case_mate_id_case_10.jpg

iPhoneがICカードの読み取りに影響を及ぼす可能性があるので、カードを1枚入れた状態でテストをしてみました。

  • スイカ + JR東日本の改札 – 問題なし
  • スイカ + ファミリーマート・am/pmのレジ – 問題なし
  • スイカ + 東京メトロの改札 – 問題なし
  • ワオン + ミニストップのレジ – 読み取りエラーあり
  • ワオン + ロッピー(チケット発券機) – 読み取りできず

【注意】あくまで個人的にテストを行った結果であり、問題がなかった組み合わせでの動作を保証する訳ではありません。

ICカードの種類およびカードリーダーによっては読み取りができない、またはエラーが出やすくなることがあるようです。

ケースの購入を検討する際は、事前に利用する交通機関・店舗などで、”iPhoneとICカードを重ねた状態での読み取り、をテストしてみることをお勧めします。

製品名
Case Mare アイ・ディ ケース
メーカー Case Mate
サイズ・重量 約11g
価格 3,280円 (税込)