bluetribe_SBT06_0.jpg

iPhoneをクルマで使う際に便利な、ハンズフリーフォン・FMトランスミッター・充電器の3つの機能を1台でこなす『シグマAPO SBT06』を購入してみました。

これら機能のひとつひとつはiPhoneに対応したものがいくつも販売されており珍しくないのですが、3つすべてをまとめた物はあまりみかけません。

iPhoneと『SBT06』は、Bluetooth(HFP・A2DPプロファイル)で接続します。

音楽を聴くときは、まずiPhoneから『SBT06』へBluettoh経由でステレオで送信され、それをFMトランスミッターでカーステレオへ電波で飛ばします。

通話をする際は、『SBT06』がハンズフリーフォンとなって内蔵のマイクで声を拾い、相手の声はFMトランスミッターを通してカーステレオから聞こえます。

パッケージは本体とシガーソケットに挿すタイプのフレキシブルアーム、それにマニュアルが付属します。

bluetribe_SBT06_1.jpg

中央の黒い「ダブルファンクションボタン」で音量や周波数を変更します。

その周囲を丸く囲むように並ぶボタンで、再生・曲送り・曲戻しをします。iPhoneの場合はOSの仕様によって曲送り・曲戻しが利用できません(詳しくは、OS 3.0のBluetooth機能の解説をご覧ください)。

手前に見えるボタンは通話を終了するためのもの。

側面の2つの穴は3.5mmの入出力用ステレオジャック。Bluetoothを持たない音楽プレイヤー等からの入力、ラインインがあるカーステレオへの出力に使用します。

bluetribe_SBT06_2.jpg

反対側を側面からみたところです。

充電用のUSBポートがひとつあり、右に見えるボタンは、受話・リダイヤルおよびペアリングで使用します。

bluetribe_SBT06_3.jpg

本体底の部分にフレキシブルアームの取り付けがあります。

アーム部分はある程度曲げることができるものの、かなり硬めなので走行中の揺れでもブレることはありません。

bluetribe_SBT06_7.jpg

クルマに取り付けてみたところです。ディスプレイ部分は周波数または音量が表示されます。

iPhoneと『SBT06』はBluetoothで接続。ハンズフリーフォンとFMトランスミッターはワイヤレスで使用できるため、たとえばPhoneがカバンの中にあっても、通話や音楽を聞くことができます。

bluetribe_SBT06_8.jpg

初めて使う場合は「ペアリング」という登録作業が必要です。

bluetribe_SBT06_4.jpg

ペアリング」の手順:

1.  『SBT06』の受話ボタンを長押ししてペアリングモードにする。

2. iPhoneで、「設定」>「一般」>「Bluetooth」と進んで、Bluetoothをオン。

3. 『SBT06』が検出されたらタップ、ポップアップで「登録」を選択します。


ペアリングが完了すると、音楽はBluetoothで『SBT06』、そこからFM波でカーステレオへと送られます。

再生中に着信があった場合は、iPhoneではなく『SBT06』の受話ボタンで応答。通話が終わったらつわ終了ボタンで再生していた音楽をレジュームできます。

肝心の音質ですが、音楽の再生は標準的なFMトランスミッターと変わらないレベルではないでしょうか。むしろ、BluetoothとFM波を経由していることを考えると良い方かもしれません。

一方で、通話の際はカーステレオのスピーカーから聞こえる相手の声が小さめで、音量を上げて会話をする必要がありました。このあたりは、カーステレオ・車種に依存する可能性も考えらます。

bluetribe_SBT06_5.jpg bluetribe_SBT06_6.jpg

3つめの機能は内蔵しているUSBポートから充電。ケーブルは付属していないので、純正のUSB-ドックケーブルなどを用意します。

出力の規格は5V600mAとあり、iPhoneには少ないように思われましたが、問題なく充電することができました。

bluetribe_SBT06_9.jpg

ボタン類に照明がついてるため、夜間の視認性も問題ありません。

実際は手探りで必要なボタンを見つけられるので、照明がなくても不自由しない思います。

bluetribe_SBT06_10.jpg

SBT06』の特徴をまとめると、

  • Bluetoothでワイヤレス・ハンズフリーフォン
  • Bluetooth経由のFMトランスミッター
  • iPhoneを充電できるUSBポート
  • 視線をそらさず使える操作ボタン

となります。

これらの機能をバラバラに揃えると、シガーソケットが足りなくなったり、ケーブル類が増えて煩雑になったりすることもあります。

これから車内用のアクセサリーを購入する方は、これ1台で済ませるとスッキリとまとめられると思います。

製品名 SBT06
販売 シグマ A.P.O.
対応規格 Bluetooth Ver.2.1
トランスミッター 76.0〜90.0MHz (通信距離 約4m)
サイズ・重量 本体 45.9 x 31.8 x 83.6  アーム 120 (mm)
対応プロファイル A2DP、AVRCP、HSP、HFP
対応機種 iPhone 3G, iPhone 3GS
参考価格 7,980 円