self_portrait_0.jpg

iPhoneのカメラは本体の裏側にレンズがあり、ファインダーとシャッターボタンは表の液晶画面にあるため、自分撮りにはあまり向いていません。

そのカメラで、自分の顔を正面から上手く撮る方法があったので紹介します。

iPhoneのカメラで自分の顔を撮る際に問題となるのが、

  • どこにカメラを構えたらよいか分らない
  • シャッターボタンがみえない

の2点です。以下の方法では、その両方を解決することができます。

正面から上手に撮る方法

  1. カメラを起動し、シャッターボタンをタップ&ホールドします。
  2. そのままiPhoneの背面を自分に向け、アップルマークに自分の「鼻」が映るように調節します。
  3. シャッターボタンから指を離し、シャッターを切ります。

self_portrait_1.jpg

アップルマークがミラー加工されていること利用しているので、マークが隠れるケースを付けている場合は外す必要があります。

またシャッターに限らず、iPhoneのボタン類は指を離す際に感知されるので、あらかじめシャッターに指を置いておくことで、どこにあるか探す必要がなくなります。