Viper SmartStart!
icon
Viper SmartStart

米Directed社が、iPhoneのアプリから遠隔操作で車のロックやエンジンをコントロールできるシステムを、米国のユーザー向けに公開しています。

通信モジュールを内蔵したアラームを車にインストールし、専用のiPhoneアプリ『Viper SmartStart
icon
』を使ってインターネット経由でコマンドを送信。ロックの施錠・解除、エンジンの始動などが行えるようです。

車の盗難や車内の金品を狙った犯罪が日常茶飯事の米国では、自動車向けのセキュリティー・システムが浸透しています。駐車中に振動を感知するとけたたましいアラームを鳴らして犯罪を防ぐ一方で、誤動作することも多く迷惑な存在でもあります。

この「Viper SmartStart System」$499(約45,000円)で販売され、米国の家電量販店「BestBuy」で購入・インストールができます。

3Gネットワーク・Wi-Fiの通信モジュールを搭載し、通信料金は年間$29.99(約2,700円)。初年度は無料というリーズナブルな設定です。

app_lifestyle_smartstart_1.jpg

コントロールをするiPhoneアプリ『Viper SmartStart
icon
』は無料で提供され、なぜか日本のAppStoreでもダウンロードが可能です。

中央にエンジン始動のボタンがあり、ロックの開閉、トランクを開ける、アラームを鳴らす、といったボタンが並んでいます。

app_lifestyle_smartstart_2.jpg  app_lifestyle_smartstart_3.jpg

エンジンの始動、アラームの作動などの履歴を確認したり、複数の車を管理することも可能なようです。

app_lifestyle_smartstart_4.jpg  app_lifestyle_smartstart_5.jpg

同様の機能を持ったリモコンはこれまでにもありましたが、さらに遠くから、しかもiPhoneで操作ができるというところが、特筆すべき点ではないでしょうか。

デモの動画が公開されていますので、興味のある方はどうぞ。