flipContact
icon
flipContact

flipContact
icon
』は、連絡先のデータを音に変換して通信、2台のiPhone間でアドレス交換ができる無料のアプリです。

他のアドレス交換アプリと違い、インターネットを使わないため地下などでも使用でき、Wi-FiやBluetooth設定に煩わされることもありません。

連絡先の送信は双方向同時ではなく、片方からもう一方へ、そしてその逆と、2回に分けて行います。

送信側は、アドレスのデータを高低のある音に変換し、iPhoneの内蔵スピーカーから出力。受信側は、内蔵のマイクでその音を拾って元の情報に復元します。

送信するアドレスは、登録されている「連絡先」から選択します。

My Identity“で自分のアドレスを指定しておけば、アプリを起動して、”Send My Contact“をタップするだけで、すぐに送信ができます。

app_util_flipcontact_1.jpg  app_util_flipcontact_2.jpg

iPhoneのスピーカーおよびマイクは本体の下部にあるため、データの送受信をする際に上下を逆に持ち、お互いのホームボタン側を向かい合わせます。

アプリの名前の「flip(ひっくりかえす)」は、この動作からきているようです。

app_util_flipcontact_3.jpg

下の動画は、実際にアドレス情報を送受信しているところです。

通信中は、送信側に”Emitting data…“、受信側に”Receiving data…“と表示され、プログレス・バーで進み具合を確認することができます。

登録されているデータの量、周囲の騒音などによっても変わりますが、おおむね1件につき10秒前後で完了します。

app_util_flipcontact_4.jpg  app_util_flipcontact_5.jpg

送信する項目は、設定の画面でオン・オフを指定することができます。

Picture(画像)」は、データのサイズが大きいため、デフォルトではオフになっています。

app_util_flipcontact_6.jpg  app_util_flipcontact_7.jpg

Picture」をオンにしてみたところ、送信時間が残り43秒と表示されました。

画像付きの連絡先を送信することは可能ですが、それなりの時間がかかることを覚悟した上で使う必要があります。

app_util_flipcontact_8.jpg  app_util_flipcontact_9.jpg

かつてインターネットの接続にモデムが使われていた頃を知っている方は、送信時にスピーカーから発せられる、”ピー、ガガガ…”、という音が懐かしく感じられるかもしれません。

転送が若干遅いことを除けば、アイデアも実装もスマートスマートで、意外と使えるかもしれないと思いました。

Twitterで情報を提供して下さった方々、ありがとうございました。

タイトル
flipContact
icon
カテゴリ App Store > ユーティリティー
開発 AppShelves
対応機種 iPhone
価格 無料