mobile_booster_kbc-l3as_0.jpg

iPhoneの充電にも対応し、新しくなったエネループのUSB出力付きリチウムイオンバッテリー『エネループ mobile booster KBC-L3AS
』を購入してみました。

 

エネループ mobile boosterシリーズとは

エネループの「mobile booster」シリーズは、モバイル機器を充電用の外部バッテリーです。

特にリチウムイオンを使ったものはコンパクトで容量が多くデザインも良いことから、iPhone・iPod touchの充電用として定番となっています。

現在はちょうど製品の更新時期で、新しい製品に置き換わっている最中のようです。

L2」は大容量5,000mAhで重さ約130g。「L3」は容量・重さともに約半分のコンパクトなモデルです。

今回は、先に発売となった小さい方のタイプ、『エネループ mobile booster KBC-L3AS
』を試してみました。

このモデルの旧タイプは、iPod touchの充電は問題なくできましたが、より多くの電流を要求するiPhoneには対応していませんでした。

新製品はそのiPhoneにも対応しているので、安心して使用することができます。

付属品は充電用のUSB-miniUSBのコネクターのみ。ACアダプターは付属しておらず、充電はMac/PCのUSBポート、またはUSB出力付きのACアダプターから行います。

mobile_booster_kbc-l3as_1.jpg

大きさを比較するために、iPhoneの並べてみました。

厚さこそiPhoneの2倍近く(22mm)あるものの、持ち歩くのにジャマにならない大きさです。

重さは約70g。単2電池1本分とほぼ同じという軽さです。

mobile_booster_kbc-l3as_2.jpg

ボタンは本体の上部にひとつあるのみ。USBの出力のON/OFFと、長押しをするとバッテリーの残量を横のLEDで表示します(3段階)。

LEDは本体の中に埋め込まれており、点灯していない時はみえないデザインになっています。

mobile_booster_kbc-l3as_3.jpg

mini-USBの端子は入力(バッテリーの充電)に使用。ストラップ・ホールがあるので、必要に応じてぶら下げることもできます。

mobile_booster_kbc-l3as_4.jpg

反対側には、出力用のUSBポートがあります。iPhone・iPod touchへの充電を行うケーブルは付属していないので、別途用意する必要があります。

mobile_booster_kbc-l3as_5.jpg

 


iPhoneは1.4回、iPod touchは2回フル充電が可能

iPhone・iPod touchを完全に放電した状態から、満充電した『エネループ mobile booster KBC-L3AS
』で充電するテストをしてみました。

iPhone 3GSの場合は1回フル充電したあとさらに約40%まで充電することができました。よって約1.4回分の充電が可能ということになります。

一方、新しいiPod touch (fall 2009) では、ちょうど2回分の充電が可能でした。
mobile_booster_kbc-l3as_6.jpg

 

まとめ

iPone・iPod touch内蔵のバッテリーとの併用で、ほとんどのユーザーはこれひとつあれば、1日バッテリー切れの心配から解放されるはずです。

ヘビーに使わない方なら、1泊旅行ぐらいはこれで間に合うかもしれません(ヘビー・ユーザーには、容量が2倍の『KBC-L2AS
』をおすすめします)。

強いて気になるところを挙げるとすれば、ブリスター・パッケージが開けにくいことと、残量表示が3段階しかないことぐらいでしょうか。

おそらく一番要望の多かったiPhoneの充電にも対応し、価格もリーズナブルに設定されているので、外部バッテリーを検討している方は、必ず候補に入れてきたい製品だと思います。

過去のバッテリー関連のレビューは、「バッテリー・充電カテゴリー」をご覧ください。

製品名 エネループ mobile booster KBC-L3AS
販売元 Sanyo
容量 3.7V 2,500mAh
出力 DC 5V / 500mA
サイズ・重量 39 x 70 x 22 (mm) / 約70g
価格 オープン