touch_no_camera_0.jpg

Appleのプレス向けイベント「Apple Special Event Fall 2009」が終了し、世界中のアップル愛好家が「噂に振り回される日々」からしばらくは解放されたのではないでしょうか。

アップルは徹底した秘密主義で、”サプライズ“を演出するのが得意な会社ですが、期待されていたiPod touchへのカメラの搭載がなかったことが、ある意味で今回のイベント最大のサプライズだったかもしれません。

事前の情報では、iPod touchへのカメラ搭載は確実、と思われていただけに、発表をみてがっかりした方も多かったはずです。

カメラ追加は単なる根も葉もない噂だったのでしょうか? これまでの経緯を振り返ってみたいと思います。

カメラの搭載の噂

iPod touchよく、”iPhoneから電話を省いたデバイス”、と言われるように、iPhoneと同じOS、画面サイズ・解像度を持ち、基本的には同じアプリを使うことができます。

電話以外での大きな違いといえば、やはりカメラを搭載していないことが挙げられます。

App Storeにカメラの使ったアプリが増えているだけに、iPod touchへのカメラ機能追加は、当然の流れと言えるでしょう。

そしてまず、その期待に応えるかのように、カメラが付いたiPod touchのものとされる画像がネット上に流出します。

3rd_gen_touch_leak_1.jpg

試作品と思われるデバイスの裏には、カメラとマイクと思われるものが、はっきりと写し出されています。

この時点では半信半疑だったカメラ搭載も、上の写真と同じ場所に穴のあいたケースの画像が、海外のサイトに現れ、そして国内のアクセサリーメーカーからフライングで発表するという事件などを経て、確信へと変わっていきます。

touch_no_camera_4.jpg

肩すかしを食らったイベント

イベントの直前になって気になる情報が入ってきます。iPod touchのカメラモジュールに問題が発生し、生産が遅れているというものです。

若干の不安を抱えつつも迎えたイベント当日。日本時間の9月10日午前2時から開催され、スティーブ・ジョブスがメインのプレゼンを行い、フィル・シラーがiPodの新製品を発表。

iPod touchの新モデルも発表されますが、カメラ機能はなし。8GBモデルの大幅な値下げと、32GB、64GBの高速化を発表するに留まりました。

touch_no_camera_5.jpg

一番のサプライズを最後にとっておく、「One more thing」では、ビデオカメラを搭載した第5世代のiPod nanoを発表。結局iPod touchのカメラは搭載はありませんでした。

おなじ日に、銀座アップルストアで開かれたプレス向けのイベントで、新しいiPod touch 64GBモデルを触ることができましたが、当然ながらバックパネルにカメラの痕跡はありませんでした。

touch_no_camera_2.jpg

ジョブスが語るカメラをつけない理由

iPod touchにカメラが搭載されなかった理由について、ジョブス自身が語った内容が、The New York Timesに掲載されています。(source: Macお宝鑑定団Blog)

当初我々はiPod touchをどのようにマーケティングしていくか分からなかった。電話無しのiPhone? ポケットに入るコンピュータ? ユーザーの声を聞くうちに、iPod touchは携帯ゲーム機として受け入れられいることがわかり、それに従ってプロモーションをし、成功した。今は、iPod touchを「App Storeが使える最も安いデバイス」にするため、新しい機能を追加するより、価格を抑えることを優先した。

では、ジョブスが理由としてあげるカメラのコストとは、一体どれくらいなのでしょか。

iSuppli社が行った分析によると、iPhone 3GSに搭載されている、オートフォーカス付き3.2Mピクセルのカメラモジュールは、$9.55になっています。

touch_no_camera_1.jpg

販売価格が$199の8GBへ搭載するには高価な部品ですが、価格が$299(32GB)・$399(64GB)の上位モデルでは、相対的に安くなります。

さらに、カメラ系の有料アプリの販売が増えることを考えると、売り上げの30%を得るアップルにとって悪い話ではないようにも思えます。

有力なのは「技術的な問題」という説

では、iPod touchにカメラが搭載されなかった本当の理由とは何だったのでしょうか。

これについて、フォーカルポイント代表の恩田氏が、ブログで最も説得力のある考察をしています。

… そもそも私は数週間前に「touchは生産問題でラインが中断した」とtweetや記事を書いた。どうやら wifiの電波障害と不良品比率が高かったようだ。発表日が迫ったAppleは多分いざとなればフォールバック出来るプランを立てていたのだろう。それは簡単、何か問題があればNanoもtouchもカバーを昔の物にすればいい、現実touchは古いtouchの同じカバーを利用して発表にこぎつけた。…

さらに恩田氏は、