2009_fall_os31_0.jpg

アップルが、購入履歴からおすすめアプリを選ぶ「Genius」などを含む、iPhone・iPod touchのソフトウェアアップデート「iPhone OS 3.1」をリリースしました。

今回の「iPhone OS 3.1 ソフトウェア・アップデート」は、初代iPhone、iPhone 3G、iPhone 3GS、初代iPod touch、第2世代iPod touch、の全てに適用され、iPod touchシリーズは3.1.1と表示されます。

iPhone用のアップデートには、

  • Geniusのおすすめアプリケーション
  • Genius Mix
  • iTunes でアプリケーションを整理
  • オリジナルのビデオを残して編集
  • 音楽、ミュージックビデオ、Podcast、写真のシンク機能の強化 
  • iTunes Uコンテンツの整理 
  • iTunes Card、コード、ギフトカードをApp Storeで使用可能
  • iTunesアカウントの残高をApp StoreとiTunes Storeで表示
  • メールとSMS/MMSに含まれるビデオをカメラロールに保存
  • Bluetoothをオンに設定したiPhone 3GのWi-Fiパフォーマンスが向上
  • MobileMeを使ってiPhoneを遠隔操作でパスコードロック
  • Bluetoothヘッドセットで、iPhone 3GSの音声コントロールを使用
  • 電話番号をキーパッドにペースト
  • ホームボタンを使ってiPhone 3GSのアクセシビリティ機能をオンに設定するオプション
  • Safariで詐欺目的のウェブサイトにアクセスした時に警告を表示(フィッシング防止)
  • Exchangeカレンダーの同期と会議出席依頼の処理を改善
  • 一部のアプリケーションアイコンが正しく表示されない問題を修正

が含まれています。

アップデートは無料でダウンロード・インストールが可能ですが、iPone OS 3.0以上にアップデートしていないiPod touchシリーズの場合は有料(600円)となります。

ダウンロードサイズは次のとおりです。アップデート作業には時間がかかる場合があるので、時間に余裕を持って行うことをおすすめします。

  • iPhone 3GS 306.2MB
  • iPone 3G 241.7MB
  • iPhone 240.9MB 
  • 第2世代 iPod touch  264.9MB 
  • 初代 iPod touch 238.2MB

ソフトウェア・アップデートの手順

iTunesのインストールされたPC/Macに接続すると、以下のようなメッセージが表示されます。

2009_fall_os31_2.jpg

上のメッセージが表示されない場合は、「アップデートを確認」を押します。

221_update_3.jpg

指示に従って進むと、アップデート・ソフトウェアのダウンロード、インストールが自動的に行われます。

221_update_4.jpg