yumemiru_event_3.jpg

先日レビューを掲載した『ユメみるiPhone』の刊行を記念したトークセッション・イベントが、6月2日(火)に銀座のApple Storeで開催されます。

【リンク】 Apple Store,Ginzaで開催【iPhoneデベロッパーが語る “iPhoneの未来”】

ユメみるiPhone』は、iPhone向けのアプリ開発をこれから始めるクリエイターに向けた本で、本題の開発方法についての解説はもちろん、巻末のiPhone開発者による対談記事もとても楽しめるものでした。

このトークセッションは、その対談を生で聞けるというもので、iPhoneの開発・とくにこれから開発を予定しているひとにとっては既に成功しているデベロッパーの体験を聞ける見逃せないイベントになりそうです。

以下、イベントの詳細です。

iPhoneデベロッパーが語る “iPhoneの未来”~『ユメみるiPhone』刊行記念トークセッション~yumemiru_event_2.jpg5月に発売され、「1. 習うより慣れろ」「2. コードは最小限に」「3. 『シンプル』だけど『おもしろい』を大切に」の3つのコンセプトで、従来のiPhoneアプリ開発を解説した書籍とは少し違うアプローチで話題の書籍「ユメみるiPhone」。巻末の座談に登場している、徳井直生(『ユメみるiPhone』、『iPhone×Music』)×笠谷真也(PocketGuitar)×Delaware(Re<ords)×深津貴之(QuadCamera)がApple Storeに登場!

話題のiPhoneアプリをリリースしている彼らが、iPhoneアプリ開発を語ります。
「いま何がおもしろいのか…?」
「iPhoneはどこに向かうのか…?」
これからiPhoneアプリを作ってみたい人、必見のトークセッション(無料)です。

ゲスト:
徳井直生氏(株式会社Qosmo代表取締役)
『ユメみるiPhone』、『iPhone×Music』などiPhoneに関する著書を刊行。自身も、ジャンプするだけでリアルな世界からゲームの世界にトリップする「9の1」、3次元音響を使った蚊取りゲーム「モスキート」など、人間の身体感覚を十二分に刺激してくれるアプリをリリースしている。

笠谷真也氏(エンジニア)
全世界で50万ダウンロードを記録した大ヒットアプリPocketGuitarをリリース。PocketGuitarは、画面上に表示される弦を指で押さえてギターのように鳴らすアプリ。エフェクトや音の作り込みがすごい。

岡村浩志氏(Delaware)
音楽をデザインする、デザインを音楽するグループDelawareとして「Re<ords」をリリース。「Re<ords」はiPhone/iPod touch上で展開する、世界一小さなレコードレーベルだ。画面上のレコードの盤面がくるくると回り楽曲の再生されるなど、まさにレコードの感覚だ。

深津貴之氏(fladdict.net)
「OldCamera」、「SepiaCamera」「ToyCamera」などiPhoneをオシャレなトイカメラに変身させるカメラアプリをリリース。「QuadCamera」は連写のシャッター音がとにかく気持ちいい。

開催概要:
■日程:2009年6月2日(火) 19:00〜20:00 (受付開始18:30)

■参加費:無料

■会場:Apple Store, Ginza
    東京都中央区銀座3-5-12 サヱグサビル本館
    ※地図 http://www.apple.com/jp/retail/ginza/map/
■定員:84名

申込み方法:
参加人数把握のため、件名を【6月2日参加希望】として、主催者までメール([email protected])にてお申し込みください。メール内容は空欄でも結構ですが、複数の人数で参加をご希望の場合は明記ください。

※お申し込みはお席を確保するものではありません。座席には限りがあり、満席の場合は立見でご覧いただくか、もしくは防災上の理由により入場を制限させていただく場合もございますので、予めご了承下さい。

●詳細:Apple Store,Ginzaで開催【iPhoneデベロッパーが語る “iPhoneの未来”】

■主催:ワークスコーポレーション([email protected]