kindle_howto_0.jpg

「Kindle」用の電子書籍をiPhone・iPod touchで読むことができるアプリ、『Kindle for iPhone』のリリースについては、既にお伝えしました

非常に魅力的なアプリですが、米国のiTunesアカウントや、Kindle用電子書籍の購入に”米国のクレジットカード”が必要なことから、悔しい思いをした方も多かったに違いありません。

いろいろと探してみたところ、”米国のクレジットカード”が無くても、「Kindle」の電子書籍を購入、iPhone・iPod touchで読む方法があったので紹介します。

【警告】下に紹介されている手順は、実証実験的な目的で行ったものであり、それを勧めるものではありません。また、iTunes、Amazon, Kindleの利用規約に反する可能性が高く、アカウントの削除や法的な措置がとられることも考えられます。情報の利用は自己責任の元で行ってください。

「Kindle」の電子書籍が読めることのメリット

「Kindle」は米国内での利用が想定されているため、販売されている電子書籍のほとんどが英語で書かれています。それでも、次のようなメリットが、日本に住んでいる私たちにもあります。

  • 24万タイトルが用意され、読みたい本が高い確率で見つかる
  • 通常の洋書より安く販売されている – ほとんど場合、他のエディションよりも安い価格が設定されている
  • 送料がかからず、ダウンロードしてすぐに読める

用意するもの

クレジットカードの問題を回避する方法

米アマゾンが電子書籍を販売する「Kindle Store」は、米国内限定のサービスで、登録されているクレジットカードの請求住所(Billing Address)で、ユーザーの住所をチェックしています。”US(発行の)のクレジットカードが必要”、とされるのはそのためです。

そこで”Amazon ギフト”を使います。

具体的には、Amazon.comのアカウントを2つ作り、最初のアカウントでAmazonギフトを購入。2つ目のアカウントでギフトを使って「Kindle Store」で購入します。

2つ目のアカウントには、米国内のニセの住所(実際には住んでいない)を登録しておきます。住所とクレジットカードのチェックはカードの利用時に行われるため、ギフトを使って購入する限り(ギフトの残高がある限り)チェックは行われません。

また、ダウンロード販売なので何も発送されないため、住んでいない住所でも問題がないと思われます。

USのクレジットカードなしで「Kindle」の電子書籍を買う手順

Step 1. Amazon.com の正規のアカウントを作成する

上で説明したとおり、この手順ではAmazon.com(米国)のアカウントを2つ使用します。日本のクレジットカードと住所を登録し、アマゾン・ギフトを購入するためのアカウント(以下「正規アカウント」)を作成します。

kindle_howto_1.jpg

Step 2. Amazon.com の偽のアカウントを作成する

もうひとつAmazon.comのアカウント(以下「偽アカウント」)を米国内の実在する住所で作成します。(正確には実在しない住所でも通りますが、ZIPコードのチェックがあるようなので注意) こちらはクレジットカードの登録は行わないでください。

kindle_howto_2.jpg

Step 3. 正規アカウントから偽アカウントにギフトを贈る

正規アカウントのクレジットカードを使い、偽アカウントにギフト(メール)を贈ります。

kindle_howto_4.jpg

Step 4. 偽アカウントにギフトクレジットを追加する

偽アカウントのメールに届いたギフトを、アカウントに追加します。

kindle_howto_5.jpg

Step 5. 偽アカウントにiPhone/iPod touchを登録

USのiTunesからダウンロード/インストールした「Kindle for iPhone」を起動し、Amazonの偽アカウントを登録します。

kindle_howto_7.jpg

Step 6. 偽アカウントで「Kindle Store」を使う

追加したギフトクレジットを使い、「Kindle Store」で電子書籍を購入します。読みたい本が見つかったら、”Send Wirelessly to”で”my iPhone”を選び、”Buy Now with 1-Click”をクリックします。

kindle_howto_6.jpg

かなり面倒な手順ではありますが、洋書をよく読むひとや、米国外に住む英語圏の方は、上に挙げたようなメリットが享受できるのは魅力的かもしれません。

kindle_howto_8.jpg

上記検証はこのエントリーを執筆時点で確認できたもので、将来に渡って使えることを保証している訳ではありませんのでご注意を。