Kindle for iPhone

米アマゾンが、「Kindle」向けの電子書籍をiPhoneでも読むことができるアプリ『Kindle for iPhone』を無料で公開しています。

Kindle」は米アマゾンが開発・販売する電子書籍リーダーで、アマゾン内に設けられた専用の「Kindle Store」からコンテンツをダウンロードし、読むことができます。

今回公開された『Kindle for iPhone』は、そのKindle用の電子書籍タイトルをiPhone・iPod touchで読むことができる画期的なアプリです。

残念ながらこのアプリは日本のiTunesでは公開されておらず、ダウンロードするにはUSのiTunesアカウントが必要となります。

また、現在の「Kindle Store」はUS国内での利用に制限されているため、米アマゾンのアカウントログインをします。

ログインをすると、アカウントとデバイス(iPhone・iPod touch)の紐付けがされ、タイトルがダウンロードできるようになります。

米アマゾンのアカウントがあれば、サンプルをダウンロードすることが可能です。

app_books_kindle_1.jpg

米国のユーザーかどうかのチェックは、登録されているクレジットカードで行われるようです。実際に購入をしようとすると、下のようなメッセージが出て先に進むことができません。

app_books_kindle_2.jpg

ページめくりは左右のフリックで行います。タップするとメニューが表示され、文字の大きさの調節、目次やしおりからジャンプ、スライドによる移動などができます。

app_books_kindle_3.jpg

画面右上をタップするとページに目印となる”ブックマーク”をつけることができます。

app_books_kindle_4.jpg

無料で販売されているため、Applleには1円も入らないことはもちろんのこと、これによってApp Storeの電子書籍の販売が縮小する可能性もあり、公開にあたってAppleが思い切った判断をしたと言えます。

“読みやすさ”という点では、やはりまだ昔ながらの紙に印刷された本が優れていますが、紙資源+輸送などによる環境への負担を考えると、将来的には電子書籍に置き換わっていくと予想されます。

また、流通コストを削減できるため、『Kindle Store』では通常の本よりも概ね低価格で販売されているのも魅力です。

「Kindle」を日本で展開するには様々な障壁が予想されますが、”本離れ”が進んでいると言われる今だからこそ、ユーザーの利便性を優先して考えるべきではないでしょうか。