Blur Cam

iPhoneのカメラであえて”手ぶれ”写真を撮るアプリ、『手ブレカメラ icon』がリリースされています。

一般的には失敗とされる手ブレ写真でも、偶然アーティスティックな画像が生まれる場合があります。

この加速度センサーで本体の動きを感知し自動的にシャッターを切るため、必ず手ブレした写真を撮影することができるという、まさに逆転の発想から生まれたアプリです。

新アプリリリース

2009年 3月 4日 Masahiro Kurokawa

手ブレカメラ全盛期のこの時代に、手ブレ写真を撮るためのカメラアプリ「手ブレカメラ
icon
」を3月4日にリリースしました。

時代に逆行する以前に、恐らく誰もが求めていない加速度センサーによる手ブレ機能(自称)を搭載しました!

特徴:

  • iPhoneを振るだけでシャッターをきって、撮影します。新感覚なカメラです。
  • 手ブレ機能(加速度センサー自動シャッター機構)を採用で、ほぼ確実に手ブレ写真が撮れます。
  • 撮影速度とブレを最優先しているため、解像度が低く(320ピクセル×480ピクセル)画質は汚いです。しかし写真の保存が早く、画質もそもそも手ブレ写真のためあまり気になりません。
  • 用途は特に思いつきませんが、夜景などは意外とアーティスティックな写真が撮れます。
  • 上記以外の機能は一切ないシンプルなカメラアプリです。

*撮影するときはしっかりとiPhoneを握って撮ってください。

app_photo_blurcam_1.jpg

●関連URL:

★webサイト
http://8casette.net/indexj.html

タイトル 手ブレカメラ
icon
カテゴリ App Store > 写真
開発 Masahiro Kurokawa
対応機種 iPhone・iPod touch
価格 115 円