Courrier Japon

ボイジャーが、世界のニュースを日本語で配信する講談社の月刊誌「クーリエ・ジャポン」をiPhone・iPod touchのアプリとしてApp Storeで配信を開始しました。

雑誌の紙面レイアウトをそのままに画像として取り込み、拡大・縮小・回転などができるビューワーアプリで読む仕組みになっています。

今後も紙メディアと同じ毎月10日頃に新しいアプリをリリースしていく予定で、おそらく雑誌を定期的に発行していくのはApp Storeで初の試みではないでしょうか。

手元に雑誌が無いので確認できませんが、目次を見る限り大きな特集記事は全てアプリにも収録されていると思われます。

価格は紙メディアが680円なのに対し、アプリ版は350円で販売されています。内容がほぼ同じだとすれば、お手頃な価格設定ではないでしょうか。

app_news_courrier_1.jpg

ビューワーアプリはボイジャーのものを採用。同社サイトに動作のデモビデオが公開されています。

産經新聞』ほど直感的ではないですが、慣れれば問題なく使えると思われます。

app_news_courrier_2.jpg

目次の画面。基本的に本体を横にして読むことを前提にレイアウトされています。

app_news_courrier_3.jpg

文章の部分はタップすると拡大されます。

app_news_courrier_4.jpg

特集記事のタイトル画面。

app_news_courrier_5.jpg

全体を見渡せるページが表示され、読みたい部分をタップして拡大します。

app_news_courrier_6.jpg

実際の文章は下のような文字の大きさになります。ピンチ・アウトでさらに拡大することも可能です。

app_news_courrier_7.jpg

毎号雑誌のレイアウトをビューワーのフォーマットへ落とし込んだり、アプリを申請するという作業が発生しますが、自動化や工程の省力化ができれば、印刷や輸送コストのかからない雑誌の配信方法として広まる可能性がありそうです。

米アマゾンの「Amazon Kindle 2」の発表や、Google Book SerachのiPhone対応など、書籍・出版とネットの融合が活発になっている印象がありますが、これもその流れのなかのひとつのなのかもしれません。

タイトル クーリエ・ジャポン 3月号
icon
カテゴリ App Store > ニュース
開発 Voyager Japan, Inc.
対応機種 iPhone・iPod touch
価格 350 円